新しいiPad Proは買いなの? なんで褒められてるの? 使ってみてわかることすべて

    ハイパー直感的なノートPC

    明日発売のiPad Proってどんな感じなのでしょうか? 買ったほうがいいの? 誰向けなの? ってかどう使うの? 何がすごいの?

    Yui Kashima / Buzzfeed

    一言で言えば、ハイパー直感的なパソコン。スペック的にはタブレットの域を超えてパソコンに到達したのですから。

    発売から9年、一番進化したと話題なのです。

    これまでiPadはどこか丸みを帯びたデザインをしていましたが、刷新。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    iPhone SEを彷彿とさせる直線的なデザインに生まれ変わりました。

    すごく薄くて軽い!実際、1mm薄くなりました。とっても軽いです。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    小さい方は468g。大きい方は631g。

    画面の大きさはそのままに、本体も小さくなりました。

    Apple

    左が前に出たiPad。右が今回リリースされたiPad Pro。

    その秘密はホームボタンがなくなったから。ベゼル(ディスプレイの周りの枠)も狭い!

    Yui Kashima / Buzzfeed

    まるで一枚のガラスの板。黒いベゼルはただの枠ではありません。

    この黒いベゼルには、Face IDのためのTrueDepthカメラが内蔵されているのです。なんだかiPhoneよりもスマートな感じ。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    iPhoneはこの機能のためにノッチ(黒い切り欠き)が気になってしまうのですが、でもiPad Proはノッチがないのでとてもすっきり。

    さらにFace IDはiPad Proのために刷新されています。どういうことかというと……

    どの角度から見ても顔認証してくれるのです。賢い!!!

    Yui Kashima / Buzzfeed

    万が一顔を認証するカメラを指で覆ってしまっても大丈夫。ちゃんと「カメラが覆われています」と教えてくれます。優しい。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    iPhoneは縦にしないと顔認証してくれませんからね…!

    iPad Proは、横置きでも縦置きでも使うため、どの角度でも顔が認識できるようにしてあるのです。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    ちなみにFace IDが使えるTrueDepthカメラはiPhone Xシリーズと同じもの。つまりポートレートモードが撮れて、ボケ具合を調節できるのです。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    ホームボタンのない操作感は、iPhone Xシリーズと一緒。下のバーをひょいと上げて、立ち上げ中のアプリを行き来します。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    アプリ立ち上げ過ぎですけど、iPad Proはお利口なので余裕です。

    毎秒5兆の演算処理を行っているため、マルチタスキングも思いのまま。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    前から使えるものですが、半分ずつで異なるアプリを行き来するSprit Viewはかなり使える機能です。

    処理速度が速いからね……仕事そっちのけでNetflixが見たいのよ。私は。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    Appleによると「市場の92%のノートPCよりも速い」 そうですよ。普通にMacBook Proと同等ぐらい、との意見もあります。

    今回のiPad Proの一押し変化はポートの変化。Lightningケーブルではなく、USB−Cが採用されています。これは他社でもよく使われているものなので……

    Yui Kashima / Buzzfeed

    サブディスプレイにiPad Proをつなげられちゃう😍😍

    Yui Kashima / Buzzfeed

    液タブのように使えるのでは……

    カメラと直接つないぐことも可能。iPad Proの拡張性が爆上がりしているのです。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    さらにはこんな風にiPhoneにバッテリーを共有することまで可能になりました。

    Apple

    また動画をiPadで見る勢にとってかなり嬉しいのがサウンドがめちゃくちゃよくなっていること。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    4隅から音が出るようになっているので、めちゃくちゃ立体感のある音になっているのです。体感で一番驚いた点です。

    これは絶対試してみてください。

    さり気なくすごいのが、iPad Proには102個の磁石が入っていること。

    Apple

    ほぼ左右対称に散りばめられた磁石。

    これによって付属のSmart Keyboardがめちゃくちゃ頑丈にピタッとガシっと張り付きます。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    「取りにくい…?」と一瞬思うほど、強固に磁石でくっついています。安定性がすごい。

    ちなみに新しくなったSmart Keyboardは二段階で角度を調節できます。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    左は、膝にiPad Proを置いて使うとき。右はデスクに置いてラップトップのように使うとき。

    この磁力と関係あるのが、Apple Pencil。劇的に使いやすくなっています。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    今まではiPadに挿して充電しなくちゃいけなくて、いざ使いたいときに限って充電が切れてしまったり。そもそも失くしやすそう過ぎたのですが……

    iPadにくっつく! 即ペアリング! 即充電!全然落ちない!=神UX👼

    Yui Kashima / Buzzfeed

    これでもう充電もできます。

    力強く振っても落ちません。

    Apple

    なので基本的にはアクセサリーをこういう感じで装着したスタイルで使うことになりそうです。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    本体にがっつりApple Pencilをくっつけるスタイル。これだけでもう充電ができてるのだから便利。

    こうやってプレゼンできるの、端的に言ってありがたいです🙏😭

    Yui Kashima / Buzzfeed

    忘れそうで不安になりますからね……。

    やや地味ですが、新しいApple Pencilにはこんな機能も搭載です。ダブルタップのショートカット。

    Yui Kashima / Buzzfeed

    上で使っているのは純正のメモアプリ。ダブルタップで消しゴムとペンを入れ替えて使っています。

    今後リリースするiPadアプリではこの機能に対応したものがたくさんリリースされる予定です。

    さて、いよいよ本題。「で、誰向きなの?」

    Apple

    ■iPhoneは好きだけど、なんとなくPCに苦手意識のある人

    こういう人にはうってつけ。今まではiPadってどこかPCより劣る性能だったのですが、もうそんなことはありません。

    PCのようにいろんな処理ができます。でも使い心地は基本的にiPhone。

    ■PCもめちゃくちゃ使うけど、クリエイティブユースが多い人

    2019年には、ほぼフル機能が使えるPhotoshopがiPadにやってきます。USB−Cになったので、サブディスプレイやカメラに繋げるようになったのもポイントが高いです。

    ■持ち運びを重視するセカンドPCを探している人

    端的に言うと、記者職とかそういう人。PCよりずっと軽いし、問題なく記事作成できますので。

    急ぎで写真の加工をしなくちゃいけないときも余裕です。

    発売は明日😉 サイズは2種類。価格は以下のとおりです。

    Apple

    ■11インチ

    64GB:8万9,800円

    256GB:10万6,800円

    512GB:12万8,800円

    1TB*17万2,800円

    ■12.9インチ

    64GB11万1,800円〜

    256GB12万8,800円〜

    512GB15万800円〜

    1TB19万4,800円〜

    ■アクセサリ

    Smart Keyboard Folio:1万9,800円〜

    Apple Pencil:1万4,500円〜