back to top

おうちで美味しいアイスコーヒーができる神アイテム

意外と簡単。自分で淹れると、味が格段に違います。

※BuzzFeedがオススメする商品です。リンク先でお買い物をすると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

暑い日が続くと、カフェに行くのも億劫になります。もし、おうちで美味しいアイスコーヒーが飲めたら、涼やかな気持ちになるのにな。

高いコーヒーメーカーがなくても、グッズがあれば簡単に美味しいアイスコーヒーは作れます。何を使うのがいいんでしょうか? まとめてみました。
Ma-no / Getty Images

高いコーヒーメーカーがなくても、グッズがあれば簡単に美味しいアイスコーヒーは作れます。何を使うのがいいんでしょうか? まとめてみました。

◼アイスコーヒーに合う豆:フレンチロースト(焙煎が深いもの)

スターバックスや成城石井など、おなじみの店舗でも「フレンチロースト」は売っています。ホットで飲むとやや「重い」と感じるくらいが、アイスコーヒーにはぴったり。
ヤフーショッピング / Via store.shopping.yahoo.co.jp

スターバックスや成城石井など、おなじみの店舗でも「フレンチロースト」は売っています。

ホットで飲むとやや「重い」と感じるくらいが、アイスコーヒーにはぴったり。

余裕があれば、豆を挽いてみてください。その理由は…

ブルーボトルコーヒーのバリスタさん曰く、「コーヒーの味を最も左右するのが挽き方」なのだそうです。エスプレッソなど濃いものは、細かく挽いたものが合いますが、ドリップコーヒーの場合は「中細挽き」がいいそうです。電動ミルはボタンを押すだけで簡単。最近は、粗〜細と挽き方を変えられるハンドミルも人気です。
ヤフーショッピング / Via store.shopping.yahoo.co.jp

ブルーボトルコーヒーのバリスタさん曰く、「コーヒーの味を最も左右するのが挽き方」なのだそうです。

エスプレッソなど濃いものは、細かく挽いたものが合いますが、ドリップコーヒーの場合は「中細挽き」がいいそうです。

電動ミルはボタンを押すだけで簡単。最近は、粗〜細と挽き方を変えられるハンドミルも人気です。

広告

◼コールドブリュー

ここ数年、人気なのがコールドブリュー(水出し)コーヒーです。コクが深く、まろやかな味を楽しめます。器具も手順もびっくりするほど簡単。

水出し専用ポットに水を少量ずつ注ぎ入れるだけ!

ヤフーショッピング / Via store.shopping.yahoo.co.jp

水を注ぎ入れる際は、細口のポットを使うと風味がアップします。

少量ずつ「の」の字を書くように水を回し入れます。なお、水は「常温」がいいそうですよ。冷蔵庫で冷やせば完成!余談ですが、上のコーヒーポットはケトルでもあるのでお湯も沸かせて便利。
ヤフーショッピング / Via store.shopping.yahoo.co.jp

少量ずつ「の」の字を書くように水を回し入れます。なお、水は「常温」がいいそうですよ。冷蔵庫で冷やせば完成!

余談ですが、上のコーヒーポットはケトルでもあるのでお湯も沸かせて便利。

コーヒーバッグのタイプだと、水出し麦茶のようにコーヒーが作れます。

バッグを容器に入れて、常温の水を適量(メーカーによって異なります)注ぎ入れて冷やすだけ。画像のコトハコーヒーはカフェインレスタイプ。
ヤフーショッピング / Via goo.gl

バッグを容器に入れて、常温の水を適量(メーカーによって異なります)注ぎ入れて冷やすだけ。

画像のコトハコーヒーはカフェインレスタイプ。

広告

コールドブリューより少し手間はかかりますが、極上の味を楽しめるハンドドリップ。ホットのイメージが強いですが、アイスも美味です。

コーヒードリッパーにフィルターをセットして、お湯を注ぎ入れます。ただし、お湯の量は半分にしてください。

ドリッパーは上下で分かれているものが主流ですが、ケメックスのコーヒードリッパーは美しいフラスコ状。ニューヨーク近代美術館に展示されるほど美しいので、インテリアとしても◎。持ち手が木製になっていて、お湯の熱さから手を守ってくれます。
ヤフーショッピング / Via goo.gl

ドリッパーは上下で分かれているものが主流ですが、ケメックスのコーヒードリッパーは美しいフラスコ状。ニューヨーク近代美術館に展示されるほど美しいので、インテリアとしても◎。

持ち手が木製になっていて、お湯の熱さから手を守ってくれます。

もちろん、フィルターも忘れずに!

以前、ブルーボトルで教えてもらった注ぎ方はこちら。
ヤフーショッピング / Via goo.gl

以前、ブルーボトルで教えてもらった注ぎ方はこちら。

1)お湯はだいたい90度前後(ブルーボトルでは92度に統一)
2)お湯は、外側から内側に。均一に広がるように注ぎ入れる
3)8〜12秒かけて回し入れる。これを4回繰り返す

広告

アイスコーヒーの場合は、ここから氷を一気に入れて急激に冷やします。これで完成!

Agrobacter / Getty Images

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。