【画像集】レディーガガ、麗しき姿でデヴィッド・ボウイを追悼する #グラミー賞

    アートポップの女王がロックの革命児に送る追悼は、かくもクールなのだ。

    この姿を彼が見たらどう思うだろうか。

    Valerie Macon / AFP / Getty Images

    本日開催されている音楽の最高峰、グラミー賞でレディー・ガガの装いが世界を釘付けにしている。

    1月10日に他界したデヴィッド・ボウイを思わせる姿をしているのだ。

    Larry Busacca / Getty Images

    授賞式でデヴィッド・ボウイのトリビュートパフォーマンスをすることが決まっていたレディー・ガガ。リスペクトを込めて、2月14日に彼女は彼のタトゥーを刻んだ

    Lady Gaga via Snapchat

    デヴィッド・ボウイの『レッツ・ダンス』でプロデューサーを務めたナイル・ロジャースと共に、授賞式でのトリビュートパフォーマンスをする大役に抜擢されたのだ。

    ウエストに描かれたのは、1973年にリリースした6枚目のアルバム『アラジン・セイン』のジャケット。

    Virgin / EMI / Via amazon.com

    彼女は「彼なくして自分はいなかった」と語るほど、ロック界の革命児に影響を受けたという。

    Lady Gaga is currently getting a tattoo of David Bowie by Mark Mahoney⚡️

    「ガガはどんな装いで登場するのだろう?」そう思った人は少なくない。そして、この装いを魅せた。

    Valerie Macon / AFP / Getty Images

    ウエストに描かれたタトゥーを覆う鮮やかなブルー。

    実は、デビュー曲にあたる『ジャスト・ダンス』 のミュージックビデオで、彼女はデヴィッド・ボウイを模したブルーのメイクを施している。

    YouTubeでこの動画を見る

    LadyGagaVEVO / Via youtube.com

    スターの一歩を踏み出した時、こんな日が来ることは夢にも思わなかっただろう。

    世界を代表するアーティストになった彼女が、自らの顔の上にロックスターをのせる。それも彼女の主戦場である音楽のアワードの場で。

    Valerie Macon / AFP / Getty Images