iPhoneの絵文字、他の環境で見たら違いすぎることが発覚

    iPhoneで送った絵文字を、Androidで見ると…

    by ,

    同じ絵文字なのに、こうも違うわけでして。

    Nicole Nguyen / BuzzFeed / Emojipedia

    だいぶ印象変わりますよね。

    表示の「違い」によって、誤解が生まれかねないという研究結果が出たようですよ。

    論文を共同執筆したハンナ・ミラーさんはBuzzFeedの取材に対して「304人に15個の絵文字を見せて検証しました」と答えました。

    特に😁はかなり印象が違うんだそう。

    Yui Kashima / BuzzFeed / Emojipedia / Via emojipedia.org

    語尾につく絵文字で、言葉のニュアンス違いませんか?

    Yui Kashima / BuzzFeed / Via grouplens.org

    上からApple、Google、Mozilla、Emoji One。

    1番上はおちょくってる感じがしますね。気のせいかもしれませんが。

    Google版だと「超最高!」みたいな意味合いになるのに、Apple版だと「かかってこいや」という印象になるそうです。

    そもそも絵文字の意味って、みんな同じように解釈しているものなのでしょうか?

    Nicole Nguyen / BuzzFeed / Emojipedia

    研究に参加したスティーブ・チャンさんによると

    「両手を挙げている絵文字を各被験者に説明してもらったら、『ストップ』と認識している人や、『バンザイ』や『祈り』としている人もいました」

    そう、OSや端末で表示が変わってくるだけじゃなくて、各々のユーザーが「こういう意味だろう」って思っていることは必ずしも一致するわけではないんです。

    ちなみに、イメージが一致しやすいのは😍、誤解が生まれやすいのは😒みたいです。

    それにしても、誰が「💩の絵文字に顔をつけよう」なんて言ったんでしょうね。

    Emojipedia

    メーカーによっては笑ってるし。