go to content

シャープ製のイチゴが食べられる日が近いうちに来るかもしれない。意外な場所で

目の付け所。

1:中東で日本のイチゴは超贅沢品だったから

シャープによると、市場に出ている日本産のイチゴの相場は1000円以上。高級レストランの隠しメニューとして出されることもあるのだそう。

ドバイで流通しているのはアメリカ産のもので、糖度は平均6〜7。そう、あんまり甘くないのだ。

「甘くて美味しい日本のイチゴを食べたい」「でも高い」というギャップに商機を見出したというわけ。

2:高い技術を持っていたから

SHARP

LEDで光を調節し、プラズマクラスタでカビ菌対策をする。繊細なイチゴを栽培する環境を作り出すには、同社の技術は最適だった。

加えて大阪府立大学やイチゴ農家に指導のもと、糖度9〜10のイチゴを栽培できるシステムを開発した。

なおシャープによれば、中東エリアで日本品種のイチゴを人工的に収穫したのは初。

シャープ以外にも、富士通や東芝も人工的にレタスなどを栽培している。電気メーカーが培ってきたテクノロジーは、農産物の生産という形で新たな道を切り開いている。

バズフィード・ジャパン スタッフライター

Yui Kashimaに連絡する メールアドレス:Yui.Kashima@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.