電気グルーヴのライブに行ったら、語彙力なくなるぐらいカオスだった

    石野卓球さんとピエール瀧さんのユニット、電気グルーヴ。大御所な2人のライブは想像以上にカオティックでした。

    完全にヤベエものを見た……って思ったんですよ。このライブに行ったとき。

    成瀬正規

    Zepp Tokyoでの電気グルーヴのライブ「クラーケン鷹」の様子です。

    電気グルーヴは、石野卓球さんとピエール瀧さんのユニット。1989年に結成。1991年にデビューした大御所アーティストです。

    成瀬正規 / 左:ピエール瀧さん 右:石野卓球さん

    デビュー27年という(アラサーの人はコジコジのOP『ポケット・カウボーイ』を聴いて育ったと思う)なマエストロな2人。

    「とにかくライブアレンジがヤバい」とは聞いていたんですけど、本当にヤバかったので、すごさを紹介させてください。

    まず、開始5秒でお酒が飲みたくなります。

    成瀬正規

    開始5秒で「ここはクラブかな? しかも深夜2時くらいの盛り上がりだな?」ってなるんです。

    とにかくアルコール度数高いお酒が飲みたくなる。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    これは1年前のライブの様子ですが、現場だと、とにかく低音がきいててバッキバキなんです。アートワークも最高にかっこいい。

    そういえば、ライブが始まる前にドリンクカウンターをチラチラ見ていたら、みんなビールを買ってるんですね。その理由が完全に理解できました。アルコールが欲しい

    待ってw こんなにレーザーって飛ばせるの?w

    成瀬正規

    脊髄反射的にトリップしたくなる。この時、8時くらい。

    なお、電気の2人は共に50歳です。

    超かっこいいサウンドが好きでMVもよく見てたりするのですが、生で見たら本当にヤバかった…。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    ライブでも披露された『Baby's on Fire』。この低音がバッキバキでZeppだと脳天に来ます。できれば、出力最大で聴いてください。

    そして、MCがすごい。「50になると頻尿になるぜ本当に!」と言い残してステージから消える卓球さん。ライブ序盤のことである。

    成瀬正規

    一人ステージ残った瀧さん。そして口を開き…

    「本当に下がゆるくなってね、チャン!ガバーン! ってなって、キュッってなる。さっき、トイレ入ったんですけど、お腹の調子悪いなと思って。そしたら、ボボーンッてこっちがでて……(以下略)そんなことを経験して、ライブに立っているわけですけど……皆さんお元気ですか?」

    成瀬正規

    こんな挨拶からはじまったライブMC。しばらくすると、卓球さんがすっきりした顔でステージに戻ってきます。

    会場の雰囲気を察して「トイレの話したの?」と瀧さんに聞きます。

    「僕たちの楽屋にトイレがあるんですよ。それで、はいって出ようかなって思って、ちょっとずらしたら、またカーテンコール? ひゅって出ちゃって。トイレから出たら、瀧くんがいたから、『ごめんね、びしょびしょにしちゃった』って謝ったの」

    成瀬正規

    楽屋のトイレでカーテンコールがあったそうです。すごい。

    「こういう話って、わざわざMCでしてるって思うじゃないですか。普段してる会話よりもまともですからね」(瀧さん)

    アンコールでは、ドラァグクイーンも登場\(^o^)/

    成瀬正規

    90年代にオネエブームを作った日出郎さんは、電気グルーヴの2人と仲良し。1992年にリリースした「燃えろバルセロナ」を、卓球さんがリメイクしたことで、今回シークレットゲストとして呼ばれたそうです。

    日出郎さんに、後日話を聞くと「私は、2時間本番に備えてたから冷静だったけど、会場全体狂ってるなって思ったわよ」と語ってくれました。

    「電気グルーヴのライブって、演者だけじゃなくってお客さんにも光が向いてるから、トランス状態になるよ。音と光で惑わされて興奮するようにできてる。それで2700人が『肛門よ!』って叫ぶの。これは……山奥でやりそうな奇祭かな? そういう一番冷静な人間が女装をしてるわけですが」

    そして最後には、こんな姿に。

    (なんか、このクソみあるコンビネーション、どこかで見たことあるな……)

    バッキバキのテクノ聴きに来て、トイレの話聞いて、トランス状態になって、友情感じて、ドラァグクイーンも登場する。嫌なこととか全部ふっとんでしまいました。

    成瀬正規

    往年のファンの人も、アラサーの人も、新入社員も、是非、電気のライブに行ってみてください!! なんだろ、語彙がなくなる。すごい。