カールが西日本でしか食べられなくなる理由…

    どうして西日本だけなの。

    あのカールが、8月末をもって東日本での生産を終了する。

    Meiji

    明治によると「在庫がなくなり次第、東日本の販売も終了する」とのこと。

    以降は、下のエリア限定での販売になる。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    なお、販売するのは「チーズあじ」と「うすあじ」のみになる。

    Meiji

    カレー味や大人の贅沢カール、小つぶカールは販売を完全に終了する。

    販売エリア、ラインナップの縮小理由は「長期的な売上不振」

    1968年に発売して以来、長い間愛され続けてきたものの、長期的に売上が振るわず、苦心の末、この決断に至ったそう。

    「長い間みなさまに愛されてきた商品なので、なんとか残したいと、検討した結果、子会社の四国明治でのみ製造することになりました。そこから販売できるエリアが関西地域より西になります」

    カールは全国5拠点で製造していたが、生産と物流コストから収益を見込める場所が四国明治なのだという。

    3年前から、ブランド存続の可能性を広く模索していたものの結果振るわず…

    Meiji

    製造の効率化を図るため、最近では新しい味の開発を控えていたそうだ。過去200種類の味を生み出してきたが、最近ではスタンダードなフレーバーのみを販売していた。

    アイテムを絞るだけでなく、従来の商品よりも少し高い「大人の贅沢」シリーズも生み出した。子どもだけでなく、大人にも手にとってもらえるように工夫をしたが、売上を回復するまでには至らなかった。

    「カールブランド」は存続するが、東日本での再販は「今のところ検討していない」

    「カールおじさん」、「カールぼうや」等のキャラクターは存続するようだ。

    「50年という節目の直前に、このような決断をしなければならず残念ではありますが、今までありがとうございました」と、明治の広報は取材を締めくくった。

    カールファンであるドラマー、ピエール中野さんも今回の件を惜しんでいる。

    Jun Tsuboike / BuzzFeed

    日本で一番カールを食べてるバンドマンとして、自宅に必ずカールを常備しているし、もはや好きとかそういう次元を超えている。

    工場見学でぐるっと出てくる生地を激しい回転刃でぶった切る衝撃の光景はきっと一生忘れない。

    カールは僕に日常と非日常の魅力とギャップを教えてくれた。電気グルーヴのジャケット裏にも登場し、パッケージデザインのインパクトとキャッチーさも最高だ。

    永遠に存在して当たり前だと思っていたし、まだなくなる実感がわかない。つらいしんどいカール食べたい。まだ手に入るからなるべく沢山食べよう。8月からはツアーとかで西へ行けるように、もっと仕事を頑張ろう。