Posted on 2018年9月10日

    北海道「ローソンがバナナ屋になってる」の謎が話題。真相は……

    「災害食として有効なのでは?」との意見も

    一面に広がるバナナ

    近くのローソンがバナナ屋さんになってた

    100袋以上バナナ売ってるローソンが確実に疲れている

    LAWSONの品揃えやばい!(笑) #がんばろう北海道 #仕事全部なくなった #何も無い #バナナ

    北海道の一部地域のローソンが「バナナ一色」になっていると、Twitterで話題になっています。

    一体どういうことなのでしょうか? ローソンの広報に聞いてみました。

    「量が確保できて、栄養豊富なもの=バナナ」という現地の判断

    4nadia / Getty Images

    ローソンによると「災害による品薄な状況下で、どの商品が一定量確保でき、なおかつ栄養のあるものかを考え、現場の判断でバナナが選ばた」そうです。

    「災害のような非常時には、判断も入荷もスピードが求められます。コンビニはインフラのように機能している面もあるため、少しでも多くの方に食品を届けたいという思いから、このような判断になりました」

    物流はもちろん製造ラインの確保などさまざまな理由で、物資が不足している現在。出荷が可能なものを店頭におく、という判断になったようです。

    「各地に管轄部署がありスーパーバイザーが常駐しています。FCビジネスですから、最終的な判断は店舗に委ねられますが、『この商品ならば、供給しやすい』といった提案をしています。

    北海道でバナナが出荷しやすい理由は、こんな一説があります。

    @takutin99 このバナナ、ファーマインドのやつですかね? 青いバナナを成熟させる仕事が札幌近郊(東雁来)にあるため、貯蔵されたバナナが大量流通できるのだと想像します。 https://t.co/VzPgO6ddLE

    Twitterでは「バナナは災害食として最高なのでは」との声も相次いでいます。

    バナナはミネラルや食物繊維もカロリーも そして、水分量も 嫌いな子供も少なく 常温3-4日保存も効き低コスト 最高の災害食になると思います‼ https://t.co/wXM2LjYymi

    なお、ローソンによると「復旧に向けて尽力している最中。少しずつ商品の供給状況も良くなりつつある」そうです。

    サムネイル:Getty Images

    バズフィード・ジャパン スタッフライター

    Contact Yui Kashima at yuuuuuiiiiikashima@gmail.com.

    Got a confidential tip? Submit it here