Apple、製品は発表なし。クレカ、サブスク参入。スペシャルイベントでリリースされた全貌を1分で

    Appleが開催した「It's Showtime」では、iPodやiPhone SE2といったプロダクトは発表されず、かわりに5つのサービスが発表されました。

    Appleが「モノを発表しなかったイベント」。一体何がリリースされたのでしょうか? ひとことで言うと、「Apple春のサブスク祭り」って感じでしょうか…。

    ひとつずつ紹介していきますね。

    1)Apple News+:いろんなデバイスで超見やすい雑誌&ニュース記事のサブスクリプション

    Michael Short / Getty Images

    VOGUE、ビルボードなど300以上の雑誌、オンラインの有料記事が読めるようになるサブスクリプション。

    9ドル99セント/月で読み放題(初月無料)。家族みんなで共有できてこの価格です。

    Michael Short / Getty Images

    家族で共有できるのは嬉しいけど、お父さんに私が読んでる雑誌、バレたくないのだが……と思うよね。大丈夫。

    読んでるコンテンツはそのデバイスのユーザーしかわかりません。iPhone、iPad、Mac……各デバイスで最適なデザインで表示されます。

    まずはアメリカからサービス開始。カナダ、ヨーロッパ(イギリス)と順次エリアを拡大していきます。

    2)Apple Card:iPhoneで申し込めるクレカ(毎日キャッシュバックあり)

    Michael Short / Getty Images

    クレカって専用窓口に行かないと申し込みができなかったり、即日発行できるものって案外少ないんですよね。

    iPhoneですぐに作れるのがApple Cardです。ゴールドマン・サックスとマスターカードをパートナーに迎え、手堅くスタート。

    利用履歴がめちゃくちゃわかりやすいのがウリのひとつ。いつどこで何を買ったのかすぐにわかります。

    Michael Short / Getty Images

    ついでにお金の使い方レポートも作ってくれます。「あなたは月曜日にお酒を飲み過ぎ」とかがわかってしまう。

    もちろん利用履歴はデバイス内にとどまります。そのためにAppleは長い時間をかけてプライバシーが保たれるようにセキュリティを強化してきたわけです。

    リアル・クレジットカードはチタン製。カード番号、有効期限などは記載されていません。

    Michael Short / Getty Images

    契約者の名前だけが刻印されたシンプルなカードです。

    また、Apple Cardは毎日2%のキャッシュバックがあります。Apple Store、App Store、AppleMusicなどのサービスで支払いした場合は、3%のキャシュバック。

    Apple

    還元って、数日後とかポイントで「実質」と謳うものが多いけれど、Apple Cardの場合はその日使ったお金の一定数がキャッシュバックされます。

    Apple系でのお買い物:3%
    普通にApple Payでお買い物:2%
    リアル・AppleCardでのお買い物:1%

    これが毎日キャッシュバックされます。上限はなし。

    夏からサービススタート。

    3)Apple Arcade:いろんなデバイスで横断してプレイできるゲームのサブスクリプション

    Michael Short / Getty Images

    有料ゲーム100以上のタイトルがプレイし放題。1人申し込めば、家族で共有も可能。

    iPhone、iPadなどデバイスをまたいでシームレスにゲームを続行できます。オフラインでもプレイできるのは地味に嬉しいですね。

    Apple曰く「サブスク化することで、クリエイターたちにもっと自由にゲームを作ってもらえる環境にしたい」とのこと。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    オリジナルゲームを作るチームのひとつには、ファイナルファンタジーシリーズの坂口博信さんもいました。

    サービススタートは秋から。150カ国で展開します。

    Apple

    4)Apple TV 大幅アプデ。超有名監督のオリジナルコンテンツと有料チャンネルについて

    Michael Short / Getty Images

    Apple TV系は2つ大きな発表がありました。

    ひとつは、HBOやCBSなどのケーブルテレビをApple TVで視聴できるようにする「Apple tv channels」。

    でも番組がありすぎちゃうと選ぶの大変ですよね。ユーザーの好みに合わせたレコメンド機能もあるので、いろんな番組を見るきっかけが生まれます。

    5月に100カ国以上でサービススタート。

    5)そして、驚いたのが超豪華制作陣による弩級なオリジナルコンテンツのサブスク

    Michael Short / Getty Images

    いきなりステージにスティーブン・スピルバーグが登場! 会場が一番沸いた瞬間でした。

    スピルバーグやJ・J・エイブラムスといった超大御所たちがAppleのオリジナルコンテンツを制作します。映画っぽいものだけじゃなく、ジェニファー・アニストンらのトーク番組やセサミストリートの番組も配信予定。

    秋から100カ国でスタート。価格はアナウンスなし。

    5つのサービス、日本の上陸はいつになるんでしょう……。

    バズフィード・ジャパン スタッフライター

    Contact Yui Kashima at yuuuuuiiiiikashima@gmail.com.

    Got a confidential tip? Submit it here