back to top

iPhoneっぽいPCが誕生! Appleイベントの内容を1分で

iPhoneっぽくなった。

Appleが新しいMacBook Proを発表しました。

Apple

Proという冠がついているので、喩えるならスーパーカーみないな位置づけ。

5年ぶりのフルモデルチェンジです。なんかすっごく変わってそう。

注目すべきはこの一点。新しいモノがついています。それは、キーボードの上にあるTouch Bar。

Stephen Lam / Getty

今まで上に付いていた物理的なファンクションキー(F1〜F12まで割り振ってあるボタン)が、タッチディスプレイになったのです。

Sean Gallup / Getty /Apple

Touch Barは、使っている機能によってボタンの役割が変わります。例えば「写真」を開いているときは…

Apple

傾きを指でなぞるように調整したり

Apple

フィルター加工を変えられます。

文字の色やテンプレのデザインも指でなぞるように変えられます。

Apple

写真のプレビューも見えます。

ファイル名だけだと何が写っていて、いつの写真なのか忘れることもありますからね。
JOSH EDELSON / Getty

ファイル名だけだと何が写っていて、いつの写真なのか忘れることもありますからね。

指紋認証するTouch IDも搭載されました。

Apple

Touch IDの部分が「電源」ボタンの役割を果たします。ロック解除が楽になりますね。

また、ネットで買い物するときに指紋認証すれば、カード番号など入力する手間も省けます。

指紋によってユーザーを切り替えることもできますよ。

Touch Barは一言で言うと、iPhoneを触っているかのようにPCを操作できる存在って感じですね。

さて、ここから端末自体のお話。今回新しく発売するのは、13と15インチの2サイズです。

13インチが2種類あるのは、Touch Bar/IDの有無です。【価格(税抜き)】Touch Barなしの13インチ:14万8,800円〜Touch Barありの13インチ:17万8,800円〜15インチ:23万8,800円〜本日から発売です。ただし、Touch機能ありは出荷まで2〜3週間かかるとのこと。
Stephen Lam / Getty

13インチが2種類あるのは、Touch Bar/IDの有無です。

【価格(税抜き)】

Touch Barなしの13インチ:14万8,800円〜

Touch Barありの13インチ:17万8,800円〜

15インチ:23万8,800円〜

本日から発売です。ただし、Touch機能ありは出荷まで2〜3週間かかるとのこと。

今までのものより、薄く軽くなりました。いつものことですが。

13が1.37 kg、15が1.83kg。13インチは牛乳パック1個より少し重いくらい。
Apple

13が1.37 kg、15が1.83kg。

13インチは牛乳パック1個より少し重いくらい。

左が従来(薄いとされていた)MacBook Air。

コネクタはUSB-Type C。データ転送、充電、ビデオ出力の機能ができます。これが、左右合わせて合計4個ついています。(今年のはじめに発売された12インチのMacBookは、コネクタが1個しかついていませんでした)
Apple

コネクタはUSB-Type C。データ転送、充電、ビデオ出力の機能ができます。これが、左右合わせて合計4個ついています。

(今年のはじめに発売された12インチのMacBookは、コネクタが1個しかついていませんでした)

カラーは2色。バッテリーのもちは10時間。

そして、Appleのサイトからは11インチのMacBook Airがひっそりと姿を消したのでした。ライトな作業はiPhoneやiPadで充分だもんね…。
Apple

そして、Appleのサイトからは11インチのMacBook Airがひっそりと姿を消したのでした。ライトな作業はiPhoneやiPadで充分だもんね…。

ちなみに25年前の今頃、Appleが初めてノート型PCを発売しました。

Apple

そのときに比べて、新しいMacBook Proは680万倍速く動くようになったのだそう。随分進化しましたね。