【1分で説明】スマホ巨大化に終止符…コスパ最強で最高の機能搭載のiPhone 12シリーズが誕生

    Appleが発表したiPhone 12シリーズ。太字の箇所をかいつまんで読むと、1分で全貌を理解できます。

    Appleが新しく発表したiPhone 12シリーズは最多の4種類の展開。「これですよ、待ってた…」と思わせられるラインナップです。

    Apple

    全4シリーズ、5G対応なのがアツいです。すべてのダウンロードが高速化したり、クラウドゲーミングもサクサクできちゃう。

    iPhone 12は無印とminiの2種類。小さい、お手頃価格、高機能の三拍子揃ったシリーズです。万人受けするモデル。正直、買いです。

    Via Apple

    片手で持てるサイズ(6.1インチ)のiPhone 12と、ポケットに入るサイズ(5.4インチ)のiPhone 12 miniの2種類です。

    Apple

    懐かしのiPhone SE感…! 丸み帯びて巨大化するスマホデザインの戦争に終止符を打つかのような「帰ってきたヒーロー」のような存在感がありますね…。

    直線的なデザインはかつてのiPhone 5を思い出します。

    5色展開。ツルッとしたガラスの背面にサイドはアルミニウム。

    Apple

    ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルーの5カラー。ビビッドで可愛い。

    容量は64GB、128GB、256GBの3種類です。

    金属よりも硬いナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んでディスプレイに使用。これまでの4倍の耐落下性能を誇ります。

    Apple

    胸ポケットに入る感じ! 待ってたよ!!!

    小さいけれど、中身は全く妥協なし。2つのカメラ(広角+超広角)を搭載。

    Apple

    主なカメラスペックはこんな感じ。

    デュアル12MPカメラシステム:超広角、広角カメラ

    超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角

    広角:ƒ/1.6絞り値

    2倍の光学ズームアウト

    最大5倍のデジタルズーム

    iPhone 12シリーズでAppleが力を入れてきたのは「暗闇」。暗所にめちゃくちゃ強くなりました。

    Apple

    ナイトモードは、暗い場所を感知すると自動的にオン。特にボタンなどはなく、自然に「暗闇の中で最適化された写真」が撮影できるようになります。もう、フラッシュっていう概念終わるんだな…。

    写真はもちろん、動画でも暗闇に強くなってます。暗闇でも鮮明ビデオが撮れるのはもちろん、ナイトモードでタイムラプス撮影ができます。

    Apple

    動画にも力を入れてます。Dolbyと協力して、撮影方法や編集方法をアップデート。映画並のクオリティーを追求しています。

    Apple

    ビデオでは7億色をとらえられるようになり、一瞬一瞬のフレームの色彩をもっと追求できます。

    こういうカメラ性能や機能の向上を支えているのが、iPhoneのチップ。新しい「A14 Bionic」が搭載されています。

    Apple

    カメラで捉えた一瞬の画を最適化したり、ボディが小さくてもバッテリーが長持ちするなど、チップの性能が良くなることで「手のひらサイズの最高iPhone」が実現しているというわけ。

    ディスプレイが小さくなっただけではなく、より鮮明にグラフィックスを映し出す「Super Retina XDRディスプレイ」を搭載。

    Apple

    iPhone 12のカメラでは、4Kのビデオはもちろん高画質な映像や写真が撮影できるのだから、それに見合ったディスプレイも必要ですよね。ということで、新しくSuper Retina XDRディスプレイを作りました。解像度が非常に高く、迫力ある画を楽しめます。

    地味ですが、耐水性能も向上。水深6メートルで最大30分間耐えられる仕様になりました。お風呂で動画見る勢には安心度アップ💪💪

    お風呂の中でNetflix見るのがはかどりますね……。

    MagSafe復活! アクセサリにくっつく仕様で、安心感ある充電が帰ってきた!

    Apple

    磁石でくっつくMagSafeが帰ってきました。置くだけ充電も安心感!

    iPhoneの箱もアップデート。薄くなってる!

    Apple

    梱包物からイヤフォンと電源部分がなくなり、かなりすっきりしたboxになりました。

    iPhone本体のほかに付属でついてくるのはUSB-C - Lightningケーブルのみ。潔いわ…。

    さて次は、上級者用のiPhone 12 Pro。頑丈さや直線的なデザインはiPhone 12シリーズと同じ。価格がワンランク上ですが、サイズのほか、違うところを紹介していきます。

    Apple

    カラーは4色展開。ステンレススチールの高級感あるデザインです。

    Apple

    シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルー。

    背面はマットガラス、サイドはステンレススチールで高級感ある雰囲気です。

    画面は広くなったものの、本体の大きさはiPhone 11 Proシリーズから少しだけ大きくなった感じです。

    Apple

    ディスプレイはiPhone 12 Proが6.1インチ、iPhone 12 Pro MAXが6.7インチ。ベゼルを狭くした分、本体自体の大きさはちょっとだけビッグになった程度に抑えました。

    片手でギリ操作できる感じのProと、大きな手の人なら余裕なPro MAX、みたいな。

    Proシリーズのカメラは4眼! 広角+超広角+望遠+LiDARスキャナ(New!)

    Apple

    まず、これまでも搭載されていた3つのカメラのスペックはざっくりこんな感じ。

    Pro 12MPカメラシステム:超広角、広角、望遠カメラ

    超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角

    広角:ƒ/1.6絞り値

    望遠:ƒ/2.0絞り値(iPhone 12 Pro)、ƒ/2.2絞り値(iPhone 12 Pro Max)

    iPhone 12との違いは、2倍のズームイン、2倍のズームアウト、4倍の光学ズームレンジ。最大10倍のデジタルズームが可能なところ。要は、撮影できる表現の幅が違う。

    大きなレンズ3つの下に小さな黒いカメラが見えます。これが4つ目のカメラ「LiDARスキャナ」です。

    4つ目のカメラである「LiDARスキャナ」はカメラの向上が大幅にアップさせる存在。ARのほかに、カメラのピント合わせや被写体深度を正確に捉えます。

    Apple

    LiDARスキャナはNASAが火星探索に使う技術。その場所の深度マップを作成してくれるテクノロジーです。

    Apple

    これによって期待できる主な機能は以下の通り。

    1)位置情報を瞬時に計算できるので、ARの表現のリアル度がアップ
    2)暗い場所でも最大6倍速くオートフォーカス
    3)広角カメラでは、ナイトモードでポートレートが撮影可能に!

    Proシリーズは手ブレ補正もプロフェッショナル仕様。光学手ブレ補正で。

    Apple

    高性能なデジタル一眼レフと同じ機能で、カメラのセンサー自体に手ブレ補正を適用。鮮明さを保ちながら縦横の動きを相殺していきます。

    車に乗りながら馬の走りも撮影できちゃうレベル😂

    Apple

    iPhone 12は万人受けモデル(手頃な価格+高性能)、iPhone 12 Proは写真や動画を撮る人向け。こんな風に差別化できるかもしれません。

    Apple

    ・久しぶりに直線的なデザインになったこと

    ・スマホ巨大化に終止符

    ・そしてカメラの本気具合

    ・スペックの割に手頃な価格

    うーん、Apple……さん、隙がない……今欲しいスマホはこれです……。