SNSで絶賛されているハローキティのニーチェ本が深い「すげぇぐっときた」「涙が止まらなかった…」

    “あなたひとりで頑張りすぎないで”

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ハローキティのニーチェ」という本が話題になっています。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    「とっても大切な事が書いてあります」と本の中身を紹介したツイートは3万7000リツイート、12万3000イイネされ、「元気出ました」「ひとつひとつの言葉が胸一杯に広がって思わず泣きそうになりました」などのコメントが寄せられています。

    ハローキティとニーチェがコラボした本書は、キティちゃんの可愛らしいイラストとわかりやすい内容で「強く生きるために大切なこと」を伝えています。

    “「いつかは……」と思っているうちは“いつか”なんて、永遠にこない”

    ハローキティのニーチェ/朝日文庫

    “言いたい人には言わせておけば?”

    ハローキティのニーチェ/朝日文庫

    “自分を押さえつけたって良いことは何一つない”

    ハローキティのニーチェ/朝日文庫

    “あなたひとりで頑張りすぎないで”

    ハローキティのニーチェ/朝日文庫

    “みんなの「当たり前」を、「当たり前」なんて思わなくていい”

    ハローキティのニーチェ/朝日文庫

    他のシリーズもよかった…!

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    この「ハローキティのニーチェ」、実は2014年に出版されたもので、他にも「キキ&ララの『幸福論』」「マイメロディの『論語』」「けろけろけろっぴの『徒然草』 」「ポムポムプリンの『パンセ』」「ぐでたまの『資本論』」「シナモロールの『エチカ』」などが出版されています。

    2500年読み継がれた古典『論語』とマイメロがコラボした「マイメロディの『論語』」も、深みがある内容だったので一部をご紹介します。

    “もう、どん底……。そこまできたら、開き直ろう。あとは良くなるだけだから”

    マイメロディの『論語』/朝日文庫

    “どんな人でも、いつか別れる日がくる。一緒にいられる時間を大切にしよう”

    マイメロディの『論語』/朝日文庫

    “オタクって言われてもいいじゃない。一つのことに夢中になれるって、とても幸せなこと”

    マイメロディの『論語』/朝日文庫

    “あんなに大好きだった彼なのに、不幸を願ってしまう。人は感情に支配される生き物”

    マイメロディの『論語』/朝日文庫

    “周りを変えたいなら、まずは自分を変えよう。自然と人は変わってくる”

    マイメロディの『論語』/朝日文庫

    きっかけは「たあ坊の『菜根譚』」

    サンリオ / Via amzn.to

    朝日新聞出版に、出版までの経緯を聞いたところ「サンリオさんが発行されていた『たあ坊の『菜根譚』』という書籍がございまして、こういう書籍を違うキャラクターで弊社から発行させていただけないかとお願い差し上げたのがきっかけで、『ハローキティのニーチェ』『キキ&ララの『幸福論』』『マイメロディの『論語』』を三か月連続刊行させていただくことになった次第です。

    おかげさまで、この三冊がとても好評だったもので、続巻させていただいておりまして、現在シリーズ累計20万部を突破いたしました」とのこと。

    SNSの反響については「実は発売時にも大きな反響をいただいておりまして…発売から5年経っても、話題にしていただいて、改めて、ありがたいなと思っていたところでした」と話しています。

    読みやすいのでプレゼントにもオススメです。

    Tsunehiko Nishimaki / BuzzFeed

    2019年の2月には、シリーズの第9弾となる「ポチャッコの『道が開ける』」が発売されるそうです。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。