back to top

BuzzFeed Japan編集部が新社会人にオススメしたい書籍はコレ!

本当に役立つ11冊をご紹介します。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

講談社 / Via amzn.to

社会人になると、求められる文章コミュニケーションの質がぐっと上がります。

友だちと楽しく喋るのは好きだけど、文章は苦手…。そんな人にこそ読んで欲しいのが、この一冊

やさしい文章で解説されているので、読書が苦手なひとにもおすすめです。(山崎 瑠美)

広告

搾取される若者たち―バイク便ライダーは見た!

集英社 / Via amzn.to

やりたい仕事につけたあなたは、希望に満ち溢れていることでしょう。

でもちょっと待って。やりたいこと=仕事になると、仕事に没頭する「自己実現系ワーカホリック」になる恐れがある、と著者である社会学者は指摘しています。

その末路は、会社に使い捨てられたうえに「仕事以外にやりたいことがない」という悲惨な大人です。

夢と希望で胸いっぱいの今だからこそ、読んでおいていただきたい一冊です。(小林 明子)

広告

椿の海の記

河出書房新社 / Via amzn.to

生きることや働くことには、どんな意味があるのか。自然とともに暮らす人の営みとは、どういうものなのか。

水俣病が人々を襲う少し前、熊本にあったちいさな村々の原風景から見えるものが、たくさん詰まっている一冊

慣れない仕事で少し疲れているとき、ほっと一息をつきたいときに、おすすめです。(籏智 広太)

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方

日経BP社 / Via amzn.to

新社会人にとってもっとも大事なのが、メモを取ることです。

これから膨大な量のインプットが待っていると思いますが、それを自分のものにできるかどうかはメモ力にかかっています。

メモが上手い人はそれを活かすのも上手い。クリエイター・佐藤ねじさんの本でノート術を学んでおけば一生の財産になるでしょう。(鳴海 淳義)

広告

※この記事から商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元される場合があります。