これで糖質10g以下はすごい! 無印の焼き菓子が“大人の甘さ”でおいしい

    無印「クグロフ」がおうちカフェのお菓子に最適です。クグロフとはヨーロッパ発祥の焼き菓子で、見た目はマドレーヌのよう。無印のクグロフは小麦粉の代わりに大豆粉などを使用し、糖質を10g以下に抑えています。素朴な甘さが好きな方にオススメ!

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed
    Tomoya Kosugi/BuzzFeed
    Tomoya Kosugi/BuzzFeed
    Tomoya Kosugi/BuzzFeed
    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    僕は嘘をついた。A子ちゃん、ごめん。

    でも…

    知れば嘘じゃなくなる。ということで、買って食べてみることにした。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    価格は一つ150円。ショコラ味も買ってみた。

    ググったところ、クグロフはヨーロッパ発祥のお菓子で、マリーアントワネットの大好物だったらしい。

    ブリオッシュ風の生地を「クグロフ型」に詰めて焼くから、クグロフっていう名前なんだって。

    え、糖質10g以下なの?

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    コロナ太りしちゃったから嬉しいかも。

    なるほど、小麦粉の代わりに大豆粉と小麦ふすま(小麦の表皮の部分)を使っているのね。

    見た目も触りごごちも、マドレーヌみたいな感じ。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    外側のひだひだ模様がオシャレで可愛い。

    プレーンから食べてみます。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    パクンッ。

    ヘーゼルナッツの“コリコリ感”がすごい!いっぱい入ってる!

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    写真ではわかりにくいけど、ヘーゼルナッツがいたるところに散りばめられています。

    生地の食感は、マドレーヌに比べると“パサパサ感”を感じる。

    けれど、最近マドレーヌのバターが辛くなってきた僕にとってはちょうどいいくらい。

    甘さも素朴で、ほんと“大人のコーヒータイム”にぴったりだわ。(さすがA子ちゃん)

    ショコラ味も甘さは控えめ。でも、カカオは濃くて上品な味。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    子供がチョコケーキと間違えて食べたら「もういい…」ってやめそうな甘さ(笑)

    カカオが結構強めだから、少〜しほろ苦いし。

    プレーンはヘーゼルナッツだったけど、こっちはアーモンドが入っています。

    誰かを招いて、おうちカフェするのに最適だわ…。

    Tomoya Kosugi/BuzzFeed

    A子ちゃんみたいに、職場でのコーヒータイムに食べるのもオススメ!

    味 ★★★★☆

    素朴な感じ ★★★★★

    コスパ ★★★☆☆

    リピート ★★★★☆

    あ、そうそう。

    A子ちゃんは最近、セブンの「金のカフェラテ」にハマってるらしい。

    BuzzFeed

    「A子ちゃんもセブンとか行くんだ〜」ってちょっと安心した。(そりゃ行くだろ)

    お値段は213円で少し高いけど、A子ちゃんとの話のネタのために飲んでみた。

    スッキリとした苦味が本格的で、コンビニとは思えない。

    BuzzFeed

    コンビニのカフェラテにありがちな“甘ったるさ”が全くない。

    むしろ苦味が強くて、カフェラテなのにとてもスッキリとした味わい。ちゃんとしたカフェで出てくるような、本格的なお味です。

    A子ちゃんはことごとくセンスいいなぁ〜。好き。

    味★★★★☆

    苦味★★★★☆

    コスパ★★☆☆☆

    リピート★★★★☆