ガンと闘う花嫁のために。婚約写真で、彼女は輝いた。

    「ガンは死亡宣告ではありません」

    ディディは2児の母でありながら、結婚式の準備をし、ステージ2の乳がんとも闘っている。今年3月、二人のために婚約写真の撮影会が開かれた。

    Loyall Hart / Via knightweddings.com

    ディディは昨年11月にがんの診断を受け、1月に化学療法を開始した。

    最初の治療を終えた数時間後、ステファンはディディにプロポーズをした。

    ディディは、米アトランタで美しい、手頃な値段の会場を探し始めた。せっかくなので、好きなラジオ番組The Bert Showの司会者に手紙を書き、自分の状況を説明し、オススメの会場を尋ねてみた。

    司会者は彼女の手紙を番組の中で読み上げた。すると、ディディの結婚式を支援したいという、ウェディング・プランナーや写真家、フラワーショップなどが無償で力になりたいと申し出た。

    アトランタ歴史センターのスワン・ハウスで、ディディとステファンの婚約写真が撮影された。その仕上がりは驚くべきものだ。

    Loyall Hart / Via knightweddings.com

    「ウェディングプランナーのサマー・マクレーンには、写真を撮るから、とだけ言われていました。でも、詳しいことは伝えられていませんでした」とディディはBuzzFeedに話した。「ただの招待状のための写真だと思っていたんです。でも実際行ってみると、映像作家やカメラのクルー、メークアップの女性までいて。驚きました」

    ブライダル・ブティックのWedding Angels Boutiqueは、ディディに素晴らしい黒のビーズが施されたガウンを贈った。ディディは、これを8時間におよぶ撮影で身につけた。

    Loyall Hart / Via knightweddings.com

    フラワーショップのSomeTheme to Talk Aboutも、信じられないほど美しいバラやキンポウゲ、ユーカリなどの花束を寄贈した。

    Loyall Hart / Via knightweddings.com

    ディディは緊張していた。「その日はウィッグを持って行きました。これが自分の婚約写真なのかと思うと、丸刈りでいいのかどうか、わからなかったんです」

    Loyall Hart / Via knightweddings.com

    しかし、緊張は長くは続かなかった。「気分が乗ってきたんで、ウィッグは外しました」

    Loyall Hart / Via knightweddings.com

    「体調は決してよくありません。でも、私は自分の人生を生きます」と彼女は言う。「ガンは死亡宣告ではありません」

    ディディとステファンはその日は一日中「セレブのよう」に感じたという。でも、セレブのような扱いは、それだけで終わらなかった。

    Loyall Hart / Via knightweddings.com

    写真家のロイヤル・ハートは、撮影会の後、化学療法を受けるディディさんのところへ行き、フレームに入れた写真を手渡した。

    彼女には、あと4回の化学治療が残されている。7月11日には両乳房切除手術を受ける予定だ。医師がそれ以降にガンの転移の兆候を発見しなければ、寛解となり、9月10日に結婚式を迎えることになる。

    「ステファンと私にとって、結婚式はすごく特別なもの。それは、私たちの子供たちにとっても同じです。子供たち (ディディには2人、ステファンには5人の子供がいる)こそが結婚パーティーの主役です」と、彼女は言う。「私は赤ちゃんのように大声で泣いてしまうでしょうね」

    多くの人たちの寛大さに囲まれて、ディディは愛を実感している。

    Loyall Hart / Via knightweddings.com

    「この困難な時に、私たちのためにいろんなことをしてくれた全ての人たちに感謝しています」

    彼女は言う。

    「乳ガンと闘っている他の女性たちには、怖がったり、心配する必要はない、と勇気付けたいと思っています。ガンになっても素晴らしい人生は生きられますし、乗り越えることもできるのですから」

    Facebookページもよろしくね!