back to top

イタリア破りW杯出場のスウェーデン代表 嬉しさのあまりテレビ中継セットを破壊

イタリアは60年ぶりに本大会出場を逃す

11月13日に開催されたロシアW杯欧州予選プレーオフ第2戦、スウェーデンはアウェイでイタリアに0-0で引き分け、2戦合計1-0で3大会ぶり12度目のW杯出場を決めた。一方、イタリアは1958年のスウェーデンW杯以来60年ぶりに本大会出場を逃した。

これまで代表を支えてきた世界的FWイブラヒモビッチは2016年のEUROを最後に引退したが、組織力を武器にW杯予選を戦ってきたスウェーデン。

プレーオフの相手は過去4度のW杯優勝経験のあるイタリアだったが、ホームでの第1戦を1-0で乗り切ると、第2戦もイタリアにゲームを支配されるも堅守で乗り切り、ロシアへのチケットをつかんだ。

試合後スウェーデン代表は喜びあまり、ピッチ際で中継していたユーロスポーツのセットに駆け寄り破壊する一幕もあった。

The Sweden side crash Eurosport's pitch-side studio as they celebrate going to the World Cup! 🇸🇪 🎉

広告

光があれば影

イタリア代表の守護神ブッフォンは試合後には涙を流しながら「イタリアでサッカーに関わる人全てに謝りたい。この一戦は社会レベルで重要だったが、我々は失敗してしまった」と謝罪した

ブッフォンにとってはこれが代表最後の試合。「私は代表を去るが、チームにはドンナルンマ、ペリンといった優れた選手がいる」とゴールマウスを後輩たちへ託した。

イタリア代表のヴェントゥーラ監督も試合後「イタリア国民に謝ることしかできない」と謝罪した。

進退についてはサッカー連盟との話し合いをしてからとしたものの、辞任は避けられそうにない。

BuzzFeed JapanNews


Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.