back to top

【更新】「エリア88」新谷かおるさんが休筆宣言 担当編集者「創作活動自体をやめるわけではない」

66歳の誕生日を機に

漫画家の新谷かおるさんが66歳の誕生日となる4月26日、公式アカウントで「漫画家として、一旦筆を置きます」と休筆を宣言しました。

昨日、「クリスティ・ロンドン マッシブ」の最終回を脱稿しました。これで漫画家として、一旦筆を置きます。そして今日は66歳の誕生日。一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました。

妻で漫画家の佐伯かよのさんとの共同アカウント

新谷さんはこの日、雑誌「月刊コミックフラッパー」で2006年から連載していた漫画「クリスティ・ロンドンマッシブ」の最終回を脱稿していました。

代表作は「エリア88」「ファントム無頼」など

KADOKAWA / メディアファクトリー / Via amazon.co.jp

新谷さんは1972年「りぼん秋の増刊号」に掲載された「吸血鬼はおいや?」でデビュー。

戦闘機などのメカニックと少女漫画のような繊細なタッチ、人物描写を得意とし、戦闘機を描いた「ファントム無頼」「エリア88」、バイクレースを描いた「ふたり鷹」など数々の人気作で知られていました。

BuzzFeed Newsでは新谷さんが連載されている「コミックフラッパー」の担当編集者に話を聞くことができました。

担当編集者によれば、休筆については以前から話があったそうで「連載漫画を終了されるということで、創作活動自体をやめるわけではないと聞いています」。

休筆前の最後の漫画となる「クリスティ・ロンドンマッシブ」の最終回は5月2日に発売される「コミックフラッパー」6月号に掲載。「クリスティ・ロンドンマッシブ」の最終巻は7月22日に発売予定です。

更新

「コミックフラッパー」担当編集者のコメントを追記しました。


Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.