【訃報】相撲漫画『鮫島、最後の十五日』の作者・佐藤タカヒロさん死去

    週刊少年チャンピオンのHPで発表される。

    週刊少年チャンピオンで相撲マンガ『鮫島、最後の十五日』を連載していた漫画家の佐藤タカヒロさんが7月3日未明に亡くなった。

    秋田書店 Via Amazon

    享年41。同日、秋田書店が公式ホームページで発表した。

    Via akitashoten.co.jp

    ホームページに掲載された佐藤さんの訃報

    ホームページでは、少年チャンピオン編集部の名義で佐藤さんの訃報を告げるとともに「編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表すとともに、先生の作品を読み、心を震わせることができたことを幸せに思いながら、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます」と発表された。

    佐藤さんの死因について、同編集部はBuzzFeed Newsの取材に対し「プライベートのことなのでお答えはできない」とした。なお葬儀は近親者のみで執り行われている。

    佐藤さんは2004年に週刊少年チャンピオンにて柔道マンガ「いっぽん!」を連載。2009年からは力士・鮫島鯉太郎の成長を描いた相撲漫画「バチバチ」をスタートさせ、人気に。

    現在はその続編となる『鮫島、最後の十五日』を同誌にて連載中だった。

    あまりに早すぎる死に、SNSではファンから驚きの声が上がった

    まだ41歳だぞ。 あと少しで『鮫島』完結するはずだったのに。 訃報 佐藤タカヒロ先生 | 秋田書店 https://t.co/mG3MwOwDfe

    訃報 佐藤タカヒロ先生 https://t.co/TRKdYBwxO5 は…?嘘やろ…急すぎる… 鯉太郎なんかより先生自身が一番ぼろぼろだったんじゃないかよ…

    『鮫島ーー』は小兵力士である主人公・鯉太郎が、ケガで満身創痍の状態で、最後の土俵になるとの覚悟をもって、ひと場所を戦っていく物語。

    対戦する力士もそれぞれの事情を抱えつつ、土俵の上で2つの力士が生き様をぶつけ合う姿は熱く、一番終わるたびに涙を禁じ得ないほどだった。

    記者個人としては現在最高のスポーツ漫画として考えていただけに、ファンと同様にショックを受けている。

    なお現在連載中の『鮫島、最後の十五日』については週刊少年チャンピオン33号掲載分をもって最終回となる。

    単行本に未掲載分の刊行など、今後に関しては決まり次第改めて週刊少年チャンピオン本誌、並びに公式ホームページにて発表されるという。


    Contact Tatsunori Tokushige at tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here