back to top

かぶると秋田犬に変身するゲームシャツ 反則覚悟かジェフ千葉に聞いた

この考えはなかった

ジェフユナイテッド市原・千葉が12日のJ2リーグ、東京ヴェルディ戦で行われる「ジェフユナイテッド市原・千葉レジェンドマッチ」でプレーヤーが着用するゲームシャツを発表しました。

レジェンドマッチではリトバルスキー、城彰二、都並敏史など両チームのOBが試合をします。

昨年10月のレジェンドマッチではかわいいシャツが話題を呼びました

ジェフ、レジェンドマッチ 楽ちゃんと東美と和田っちとタバティ(と当時何故か呼んでいた)こと楽山孝志さんと下村東美さんと和田拓三さんと田畑昭宏さん。 #jefunited

シャツはZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイがデザイン。

今回のレジェンドマッチのシャツも同社がデザインしたのですが、これがかなり奇抜で話題となっています。

気になる点も

サッカーにおいてシャツをかぶるのは、得点を取った選手が喜びを表現するゴールセレブレーションの際です。

斬新なアイディアの今回のシャツなのですが、Jリーグの審判規約には以下のように書かれています。

【第12条ファウルと不正行為】


<得点の喜び>

次の場合、競技者は警告されなければならない 。

シャツを頭に被る、シャツを脱ぐ。

反則覚悟しないとシャツをかぶれない?

ジェフユナイテッドは「通常のレギュレーションでは警告の対象ですが、レジェンドマッチはお祭り的な意味合いもあります。実際に試合でパフォーマンスをしたらどうなるかは、お楽しみです!」とBuzzFeedに答えました。

レジェンドマッチはJリーグの通常試合とは違い、エンターテインメントの一部と捉えている様子。たとえ、ゴール時にシャツをかぶってイエローカードが出たとしても、その後、笑顔が生まれる展開が待っていそうです。

友だち追加数

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss