【号泣】秦基博と「タッチ」が神コラボ 感動的すぎるよ、これは...

    これ、絶対感動するやつですやん(涙)

    いや、これはズッ泣(ずっと泣いちゃう)。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    秦基博さんの活動10周年となるベストアルバム「All Time Best ハタモトヒロ」発売を記念し、あだち充さんとコラボレーションした「鱗」のスペシャルミュージックビデオが公開されました。

    エモーショナルな秦さんの歌とあだちさんの「タッチ」「MIX」の名場面が重なるMVは、枯れた涙も搾り出される出来栄え。

    特に「タッチ」世代のおじさま、おばさまは完全に心を持って行かれます(保証)。

    「なんという神コラボか」

    なんという神コラボか→ 秦 基博 / 鱗(うろこ)×「タッチ」「MIX」スペシャルMV -あの夏から26年- https://t.co/995deZ5qDU @YouTubeさんから

    「こりゃダメ、泣いちゃうやつ」

    こりゃダメ、泣いちゃうやつ。。秦 基博 / 鱗(うろこ)×「タッチ」「MIX」スペシャルMV -あの夏から26年- https://t.co/uKzFWnY2qm

    南の声を演じた日高のり子さんも「最高だぞ!」とコメント。SNS上で感動したとの声が数多く上がっています。

    秦基博さんの曲「鱗」とあだち充先生のコラボ。 「タッチ」の絵に秦さんの歌声が合っていて泣けます💧💧 最高だぞ!😂👍✨ #あだち充 #秦基博 #タッチ #MIX https://t.co/bdsAqPWgLc

    秦さんはあだち作品の大ファン。コラボを打診したところあだちさんも快諾し、スペシャルMVは完成しました。あだちさんが漫画の素材を提供するのは史上初です。

    ユニバーサルミュージック提供

    MVでは「タッチ」、そして明青学園の26年後を描いた「MIX」から名場面を抜粋。音楽とともに新たな物語が紡がれます。

    ©あだち充/小学館

    コラボに起用された曲は2007年にリリースされ、ファンからもっとも支持されているセカンドシングル「鱗」。好きな女性への思いが描かれたラブソングですが、MVでは別の一面を見せます。では、MVの感動ポイントをいくつかご紹介します。

    ユニバーサルミュージック提供

    1番は「タッチ」の名場面。感動的なのはファンならば、忘れられないこのシーン。「夏の風が、君をどこか、遠くへと、奪っていく」との歌詞と重なって...。いや、反則だって(涙)

    ユニバーサルミュージック提供

    さらにサビでは、上杉達也とライバルたちとの激闘が流れます。感動の記憶が次々と蘇り、胸が痛くなるほどです。

    ユニバーサルミュージック提供

    そして2番、映像は「MIX」に。「タッチ」と「MIX」、2つの物語が重なる試合シーンがとくに素晴らしい。

    ユニバーサルミュージック提供

    後半の歌が盛り上がる際に、このシーン。大人になった今なら、南のパパの気持ちもわかります。号泣。

    ユニバーサルミュージック提供
    ユニバーサルミュージック提供

    そして鑑賞中、今か、今かと待っていたこのシーンもついに登場。曲の盛り上がりも最高潮で、涙はいつしか滝に変わってました。

    ユニバーサルミュージック提供
    ユニバーサルミュージック提供

    あだちさんとのコラボに秦さんは「本当に感動です」。

    ユニバーサルミュージック提供

    あだちさんも「素晴らしい声と曲に感謝です」と秦さんの歌について語っています。

    ユニバーサルミュージック提供

    あの夏の思い出が蘇るMV。周りに癒しが必要だと思う人がいたら、勧めてみてください。

    ユニバーサルミュージック提供