Posted on 2018年6月29日

    日本代表決勝T進出でスポーツ紙は「超ラッキー!!」

    デイリースポーツも能見さんを押しのけ、1面で取り上げたぞ。

    「他力本願ジャパン」だったけど、決勝トーナメントに進出だよ〜!

    Alex Livesey / Getty Images

    ロシアW杯第3戦となるポーランド戦。

    日本はポーランドに0-1で敗戦も今大会で初めて導入されたフェアプレーポイントの差でセネガルを上回り、2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を決めました。

    改めて先発を振り返ります。

    Tatsunori Tokushige / BuzzFeed Japan

    本当にこのままだったスポーツ紙の先発予想。

    まず試合前のスポーツ紙の報道で4紙がポーランド戦の先発を100%的中させました。

    6人も先発を代える、ちょっと意味不明な布陣なのに、そんなん当てられる、普通? そんなんできへんやん...と思ってしまいます。

    どこかから漏れ伝わなければ当てることは難しいわけで、サッカー記者たちの取材力に関心する一方、大事な先発がいともたやすく漏れてしまう、そんな日本サッカー大丈夫か?と思わずにはいられません。

    相手チームにとっては、スパイ活動をしてくれるのだから、なんともありがたい存在です。

    メディアの皆さん ポーランド戦前にスタメンを公表してたけど、練習は非公開やったわけで。。。 真実の追求するポイントがいつもズレてるよ。 選手達も普段、後ろにファンがいるからと思って喋ってるんやから、もうちょっと考えてください。

    ブーイングに包まれた試合会場

    Carl Court / Getty Images

    日本の消極的な試合にブーイングする観客

    さて試合ですが、引き分けでも自力で決勝トーナメントに行けた日本代表でしたが、先発に抜擢した6人が軒並み不発。

    敗退がすでに決まっていたポーランドも必死に勝ちに行く様子ではありませんでしたが、後半14分にセットプレーから先制を許します。

    グループリーグ敗退もちらつく中、後半29分に別会場でコロンビアがセネガルに先制。

    反則もせず、このままのスコアでいけば決勝トーナメント進出が見えると分かると、西野朗監督は長谷部誠を投入。

    攻撃をせず、後ろでボールを回すあからさまな時間稼ぎをする作戦を選択しました。

    Nicolas Asfouri / Getty Images

    西野監督

    他会場の試合が動けば、決勝トーナメントが消える消極策。

    試合後の会見で指揮官は「自分が選んだのは他力だった。自分の信条では納得できなかったですが、選手に遂行させました」と他力本願だったことを認めています

    正々堂々からは外れた作戦に、スタジアムからはブーイング。

    BBC Twoで解説した北アイルランド代表監督のマイケル・オニールは「運命を他会場の結果に任せるとは驚いた。日本の試合には感銘を受けてきたが、次の試合ではズタボロにされてほしい」と批判

    スペインのエル・ムンドの電子版は「日本は侍の名誉なく決勝トーナメントに進出」と報じるなど、各国のメディアからは厳しい言葉が飛びました。

    日本の報道は?

    Tatsunori Tokushige / BuzzFeed Japan

    まず最初に強調したいのはデイリースポーツが、ついにワールドカップを1面に取り上げたことです。

    しかも阪神の人気選手"ノウミサン"こと能見篤史投手の通算100勝の話題を押しのけてです。

    すごいぞ西野ジャパン!

    好感がもてたのがスポーツ報知。

    Tatsunori Tokushige / BuzzFeed Japan

    「超ラッキー!!コロンビアありがとう」と素直な気持ちを見出しに入れています。他紙では「奇跡」「ミラクル」という言葉が1面で躍りました。

    記事の内容はというと、決勝トーナメントに進出したからか、批判めいた言葉はあまりありません。

    「大胆にタクトを振った」(サンケイスポーツ)、「ファンタジー采配で撹乱」「サッカー界の格言も、常識を打ち破る指揮官には関係なし」(トーチュウ)、「ボルゴグラードの奇跡」(デイリー)などなど。

    唯一、これまでも厳しめ論調の日刊スポーツは「最後は無抵抗で、もはや神頼みだった」と書いています。

    バクチのような先発メンバーが不発だったのですから、西野監督の采配自体はかなり批判されてもいいと思うのですが、そこへの言及はありません。

    特にネットで批判を浴びていたのが、緩慢な守備を見せていた宇佐美貴史。

    デイリーではガンバ大阪ジュニアユース時代の恩師である鴨川幸司氏が「もっとハードワークとか覚えさせれば」と振り返っています。

    個人的にこの試合で1番許せなかったこと。 絶対諦めてるよね。 マヤは全力疾走で戻ってるんだぞ。 前半いつもより守備してて見直したけど、やっぱりあなたの応援はできないわ、宇佐美さん。

    大胆策が裏目となり、引き分けでもよい試合に負けるなどサッカーの指揮官としては失敗した西野監督。

    ただギャンブラーとして他会場の試合に運命を任せるやり方で、結果として決勝トーナメント進出をつかんでおり、強運ぶりはすごいのひと言。

    日刊スポーツでは、西野監督について、ギャンブルは一切やらないが、ラジオ番組の企画で馬券を勝ったら2度とも万馬券だったとの強運エピソードを報じています。

    AFP=時事

    なにはともあれ、代表サポーターにとっては最低あと1試合楽しめることに

    思えば初戦のコロンビア戦でも、前半早々に相手選手の退場で流れをつかみ、勝利したことで、この決勝トーナメント進出があります。

    決勝トーナメントの相手は強豪かつ調子のいいベルギー。

    常識的に考えれば勝利は厳しいですが、今大会運をもっている"ギャンブラー西野"率いる「ラッキージャパン」なら、策がはまらずとも、まさかがあるかもしれません。


    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form