back to top

aikoが骨折を隠してツアー完走、その理由に「一生ついていく」「泣いた」

生涯忘れることはないでしょう

「ここで皆さんに言いたいことがあります! 実は8月12日に足を骨折したんです」

ポニーキャニオン / 岡田貴之

9月7日のZepp Tokyoで開催されたライブハウスツアー最終公演のアンコール後、aikoは8月12日の新潟公演で左足を骨折していたことを初めてファンに明かした。

新潟、宮城、香川、そして東京と全7公演を骨折したまま、ステージに上がり続けたという告白に、会場からは驚きの声が上がった。

この時点ではすでに骨折...。

新潟ライブ1日目が終わっただ😋 本当にありがとうございました! あっという間に感じたのはみんなのおかげ😭 大切な時間をあじがとう!!! (写真は、おわかりいただけただろうか風👻)

ファンが骨折をおしてのライブよりも感動したのは...。

ポニーキャニオン / 岡田貴之

骨折をおしてのライブ。翌8日、それをプロ根性と称したメディアもある。

ただライブ中、aikoがファンに語ったライブツアーを続けた理由はちょっと違った。

「ライブを中止にして、みんなに会われへんくなることのほうが精神的にヤバなると思った」

ファンに会いたい。ファンの前で歌いたい。その思いは、骨折では止まらなかった。

骨折してることを隠して今日のツアー最終日まで走りぬいたaiko「ライブを中止にしてみんなに会われへんくなることのほうが精神的にヤバなると思って」 私「一生ついていく。」

骨折の話の後、aikoは予定されていない“25曲目の曲”をファンとアカペラで歌った。

ポニーキャニオン / 岡田貴之

最終日セトリ☆ 骨折しても 内緒でがんばってたaiko 中止にするより 歌えない方が辛いと 最後アカペラカブトムシ歌ってくれた 一緒に歌った 生涯忘れることはないでしょう 泣いた aikoあじがとう

あとあといっちばん最後のアカペラの「カブトムシ」はサブイボだったよほんとに〜〜〜〜泣いた

ライブ終了後には、この日のために特別に用意された映像が映し出された。

映像の最後はaiko直筆のメッセージ。「骨折するほど楽しかったです!本当にありがとうございました」と書かれていた。

骨折とaikoの思いがあふれるライブ。

カブトムシの歌詞ではないけれど、ファンは生涯忘れることはないだろう。

ライブ後に更新されたaikoのツイート

本当にありがとうございました。 ツアー終わってしまいました💦 これからどうしたらいいだろう病が始まる。いやだ。 それくらいみんなといられた時間は大切で必死で一瞬でした。本当に本当にありがとうございました✌🏻 またすぐに。ほなあとで🤚🏻

BuzzFeed JapanNews


Tatsunori Tokushigeに連絡する メールアドレス:tatsunori.tokushige@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.