back to top

「下町ボブスレー」ご当地ナンバー 五輪期間中は交付、終了後は検討

昨年5月から交付されていた。

「下町ボブスレー」のご当地ナンバー、どうなる?

時事通信

東京都大田区は2016年から原付バイクのご当地ナンバープレート交付を初めていた。

同年4月には、大田区の町工場が中心となって制作した競技用ソリ「下町ボブスレー」をモチーフにした黒色のボブスレーが描かれたナンバーを交付していた。

下町ボブスレーがジャマイカ代表に採用決定されたことに伴い、2017年5月、イラストを変更。ジャマイカの国旗をモチーフにしたボブスレーにし、交付をしていた。

実際に交付されていたご当地ナンバープレートのイメージ図
大田区

実際に交付されていたご当地ナンバープレートのイメージ図

しかし、平昌五輪でジャマイカ代表が下町ボブスレーを使わないことを急きょ発表。

ジャマイカ代表は平昌五輪で下町ボブスレーを使う契約を推進委員会と結んでいたが、ラトビア製に乗り換えていた。推進委は損害賠償請求も視野に入れている

「五輪期間中は引き続き交付」

事態が一点し、ジャマイカカラーのボブスレーが描かれたナンバーはどうなるのか。

大田区課税課の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に「五輪期間中は引き続き交付します。(五輪)終了後の対応は検討中」と答える。

担当者によれば、初期の下町ボブスレーをモチーフにしたプレートは約2400枚交付されたとのこと。ジャマイカをモチーフした交付数は把握できていないという。

BuzzFeed JapanNews


Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:takumi.harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.