『SMAP×SMAP』最終回 ロート製薬からも感謝の声「スポンサー冥利に尽きます」

    放送開始から提供を続けていました。

    12月26日、最終回を迎えた「SMAP×SMAP」

    フジテレビ / Via fujitv.co.jp

    ▲公式ページにはメッセージが掲載された

    放送はこれまでの名場面や、過去の放送内容を振り返るコーナーが大半でした。

    平均視聴率は23.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、瞬間最高は5人が「世界に一つだけの花」を歌い終わったあとで27.4%に達しました。

    ネット上には、番組終了を惜しむ声などが上がりましたが、その中で“ある企業”が話題になりました。

    それがロート製薬です。

    ロート製薬提供 / Via rohto.co.jp

    SMAP×SMAPは、番組放送開始当初の1996年4月から2010年3月までロート製薬の一社提供で放送されていました。

    番組オープニング時に流れる「ロート♪ロート♪」という歌を覚えている人も多いでしょう。

    SNS上には「なにかが足りない…ロート製薬だ!」「ロート製薬さん、ありがとうございました!!」などの声が見られました。

    「スポンサー冥利に尽きます」

    BuzzFeed Newsは、ロート製薬に話を聞きました。

    ー今回の番組終了を受け、どのような思いでしょうか?

    収録にも参加させていただいておりましたが、SMAPをはじめとする出演者の方々、制作現場ともに熱気と夢に溢れ、震えが来るほどの素晴らしい番組でした。

    そんな日本一のバラエティ番組を長らく提供させていただき、まさにスポンサー冥利につきます。

    収録は毎回15時間以上にもおよび、スタッフの皆様には頭が下がる思いでした。

    スタッフの方々には、“記録”にも“記憶”にも残る番組に携わったことを一生の誇りに、これからもがんばっていただきたいです。

    来週からスマスマが見れないと思うと寂しい限りです。

    ーネット上にはロート製薬に対する感謝のコメントもあります。

    どんなに内容が素晴らしい番組でも、視聴率が取れないと打ち切りになるのがテレビ業界の宿命です。

    20年以上も番組が継続できたのは、どんなときも支え続けてくださったファンの方々のおかげです。

    こちらが「ありがとうございました」と感謝申し上げる方なのに、反対に感謝の言葉をいただき、SMAPファンの皆様には敬服いたします。

    ーSMAPのメンバーに労いの言葉はありますか?

    アイドルの歴史を変え、バラエティ番組の新しい扉をこじあけたSMAPのみなさま、25年間お疲れさまでした。

    そして、ありがとうございました。

    1月からは、ソロとしての活動がスタートしますが、これまでと同様ファンの方々に夢を振り撒き続けてください。


    Contact Takumi Harimaya at takumi.harimaya@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here