• mokumoku badge

「私がパパ活を始めた理由」 25歳女性の本音を聞いた

1回会うたびに3万円。なぜ彼女たちはパパを欲しがるのか。

「パパ活」とは、女性が年上の男性と食事や買い物などのデートをして金銭や物品を受け取ること。交際関係にあるわけではなく、肉体関係がないプラトニックな関係であることが多い。

この言葉は2015年頃からTwitter上などに登場し始め、2017年6月にはフジテレビでドラマ化もされた。

彼女たちは、なぜパパ活をするのか。BuzzFeed Newsは、実際にパパ活をしている女性に話を聞いた。

BuzzFeed

今回、取材に応えたのはAさん。現在、25歳で普段はコンパニオンや食品関係の仕事をしている。パパ活を始めたのは1年前くらいから。

「始めたきっかけは、仕事に対して、サポートが欲しかったから。出資だったり、アイデアをくれたりする人が欲しかったんです」

「会う頻度は月1回くらいで、1回会うたびに3万円もらっています。それ以外にも旅行に連れていってもらったり、プレゼントをもらったりしています。正直、肉体関係はあります」

Aさんの“パパ”は50代後半の会社経営者。Aさんがコンパニオンとして展覧会に参加していたとき、知り合ったという。男性の方から誘いがあり、関係が始まった。パパは既婚者で子どももいる。

「すごくおしとやかで優しい人なんです。話も聞いてくれるし、頭も良い。うちの親と同じくらいの年齢なんですけれど、全然違うなって。私がさばさばしているので、落ち着いてる人と一緒にいると心も落ち着くんです」

パパに妻子がいることについては、「まったく気になりませんね。後ろめたさとかはないです」と話す。

BuzzFeed

年上男性との交際。トラブルに発展したり、危険性を感じたりすることはないのだろうか。

「まったく感じないですね。関係が始まる前にしっかりと付き合っていけるかを考えます。その上で、『この人に付いていけばうまくいく』と思いました」

月に一度会って3万円。それに海外旅行代などをプラスすれば、年間でもらう金額は50〜60万円ほど。パパ活を続けている理由は「やっぱり安定の収入が入ること」だった。

Aさんの知り合いには月2〜3回会って20万円をもらう人もいるという。しかし、「月3万円くらいが継続していくにはちょうど良いんです」とAさんは話す。

パパ活をする上で、気をつけていることなどはあるのか。

「続けていくコツはコミュニケーション。ねだりすぎないこと。女の子側はお金をもらっている立場なので。私からお返しとして、プレゼントを渡すこともあります」

最後に「今後はどうしていきたいのか」を聞いた。

「いまはこのまま続けていきたいです。どこかで終わると思いますが、そのときはしょうがないかなって。さすがに結婚してからでも続けようとは思わないですけれど」

「あと、もう少しパパは増やしたいかも。あと3人くらい。もう少しお金欲しいですから」

パパ活に潜む危険性とは

BuzzFeed

日々のもやもやを語り合う番組「もくもくニュース」では、ネット上でのトラブルやSNSの上手な使い方について、ゲストと一緒に考えます。

ゲストのNPO法人BONDプロジェクト代表の橘ジュンさんは「パパ活をやっている子にはさまざまな事情がある」「豊かになるためにパパ活をやっている子たちは違う」と話します。しかし、そこには当然危険性も。

「SNS、トラブルはすぐそこに」

番組はこちらからご覧になれます。

【ゲスト】姫乃たま(地下アイドル、ライター)、橘ジュン(NPO法人BONDプロジェクト代表)

【MC】ハヤカワ五味(経営者)、大島由香里(フリーアナウンサー)

番組の感想や意見は、Twitterのハッシュタグ「#あなたのSNS大丈夫」で募集しています。

Contact Takumi Harimaya at takumi.harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here