back to top

Yahoo!知恵袋、NAVERまとめ… 邪魔なサイトを除外して検索できる「ノイズレスサーチ」がリリース

快適なインターネットライフを。

ノイズレスサーチ」というサービスが話題になりました。

これを待ち望んでいた!!!  NAVERまとめ、Yahoo知恵袋、2ch転載サイト──など、調べ物をする時に邪魔なサイトを根こそぎ4000ヶ所除外した「ノイズレスサーチ」 https://t.co/HIDsjfKMe3

インターネットで調べ物をする際に、NAVERまとめやYahoo!知恵袋などのサイトを除外して検索できるサービスです。

BuzzFeedは、開発者のパソ活さん(@tattitaipingu)に経緯や目的を聞きました。

Googleで問題を解決するのが難しい。

「私の場合、Googleで『○○する方法』と検索したとき、上位にあがってくるYahoo!知恵袋やNAVERまとめ、キュレーションサイトで問題を解決できることが少なく、結局ほかのサイトで調べ直すことが多くなってきました」

上記のサイトは実体験や知識に基づく考察が少ないので、信頼度が低いとパソ活さんは指摘します。それにこんな問題もあると言います。

「NAVERまとめやキュレーションサイトはキュレーターが自身の報酬のために記事を量産しており、画像は引用の定義に収まらない無断転載でペタペタ。テキストは引用がほとんど。それぞれの見出しの関係性はてんでバラバラで、まるで正月の福笑いのようなものばかりです」

当時、これらのサイトを避けるためのひとつ手段としてGoogleブログ検索を使っていたそうですが、今年3月に完全終了。ここからノイズレスサーチの開発が始まりました。

除外サイトはこちら。

除外するサイトの基準は厳格に決めていませんが、だいたい以下のような傾向があるとパソ活さんは話します。

😤検索結果が同じ情報ばかり出るサイト群

・通販サイト

・NAVERまとめ

・2ch転載

・じゃらんなど宿泊予約サイト

・求人サイト

・ぐるナビなどの店舗情報サイト

サイト自体には特に問題がなくても、検索結果が同じ情報ばかりになります。

😤一般の人が投稿して、正確さが保てないサイト

・Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイト

・クックパッド

蓄積されている情報量は膨大ですが、誰でも投稿できるので情報の正確さが保てなくなります。

😤調べ物に向かないサイト

・アプリストア

・SNS

アプリ名で検索したらアプリストアが上位に出てますが、アプリの使い方などを知りたいときには向いていません。

SNSは例えば企業名で検索した時にわかりきっているアカウントが上位に出てきたり、たまにツイートが検索にヒットしたりしますが、140文字で情報量が多くないので除外対象とのこと。

有効な使い方は?

このような傾向のサイトなので、購入や予約など、目的がはっきりしている場合は通常のGoogle検索のほうが良い場合もあります。

「ノイズレスサーチでの検索に向いているのは、もうちょっと突っ込んだ内容で『調べる対象について深く知りたい』『当たり前の情報はいらない』というようなこだわりが強めの人と相性が良いんじゃないでしょうか。詳しい説明はこちらにまとめています」

友だち追加数

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss