【永久保存版】ネットハラスメントから身を守る! いまできること4選

    エアドロ痴漢ってなに? 対策術は?

    ネットハラスメントは誰でも受ける可能性があります。

    いらすとや

    ネットハラスメントから身を守るために、いますぐできることがあります。4つの方法を紹介します。

    1. “エアドロ痴漢”に気をつけるべし!

    AirDropで卑猥な画像などが急に送りつけられる“エアドロ痴漢”。受信の設定を確認しましょう。

    2. SNSの公開範囲を確認すべし!

    多くのSNSでは通常、誰でも投稿が見られる状態になっています。FacebookやTwitter、Instagramなど特定の人しか閲覧できないように設定できます。

    Facebookの場合は上記の方法でチェック!

    3. 自撮りや自宅の写真は気をつけるべし!

    自撮りなどに写り込んだ部屋の間取りや、景色から自宅を特定される可能性があります。

    4. タグ付けは写っている人の合意を取るべし!

    自分が投稿した写真に一緒に写ってる友人などのリンクを貼る「タグ付け」。承諾なくタグ付けされたことで相手のプライベートを勝手に公開してしまう危険性があります。

    ネットハラスメントからどう身を守る? そのほかの対策術などを番組で紹介しています。

    日々のもやもやを語り合う番組「もくもくニュース」では、ネットハラスメントの実例や防止術について、ゲストと一緒に考えます。

    「ネットハラスメントから身を守ろう!」

    番組はこちらからご覧になれます。

    【ゲスト】姫乃たま(地下アイドル、ライター)、荻上チキ(評論家)

    【MC】ハヤカワ五味(経営者)、大島由香里(フリーアナウンサー)

    番組の感想や意見は、Twitterのハッシュタグ「#あなたのSNS大丈夫」で募集しています!

    Contact Takumi Harimaya at takumi.harimaya@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here