【都知事選】「天下の泡沫になってやる」 マック赤坂の暑い夏

    コスプレをやめた意味

    今回で4度目の都知事選出馬となったマック赤坂さん。結果は落選。BuzzFeedは選挙期間中、マック赤坂さんの事務所を訪ねていた。

    Takumi Harimaya / BuzzFeed

    聞こえた、「神の声」

    「最初は参院選に出ようと思っていたんだけど、舛添くんがあのようなことになって。私と舛添くんは同い年。『マックさんに席を譲るよ』という神の声だと思ってね。あと注目度が参院選と比べて全然違うから」

    マック赤坂さんと舛添要一前都知事は、同じ1948年生まれの67歳。舛添氏について聞いてみた。

    「彼ってなにをやったの? 僕の理解だと、ファーストクラスに乗ったり、スイートルームに宿泊したり、経費を削減するどころか無駄遣い。変なことばっかりして、良い点はなにも覚えていないね。だから今回の最大のテーマはコスト削減なんだよ」

    背広とスーツが究極のコスプレ

    渋谷ハチ公前でマック赤坂がスーパーマンの格好してた(笑) 亀の子タワシを持ってもらって一緒にツー写真とってもらいました\(^o^)/

    マック赤坂さんといえば、スーパーマンや宇宙人などのコスプレがおなじみだ。しかし、8日のマニフェスト発表会見では”脱コスプレ”を宣言した。

    「コスプレは一通りやったかなって。今回は背広にネクタイで挑む。僕のスーツって究極のコスプレじゃない? あと、これでどのくらい票が集まるのかみたいね。だから、ある意味テストなんだよ」

    政見放送には、好きなブランドのアルマーニのスーツ。ネクタイは米共和党候補ドナルド・トランプのイメージカラーである赤を選んだという。

    YouTubeでこの動画を見る

    Via youtube.com

    「天下の泡沫候補に」

    泡沫候補とは、メディア露出が少なく、当選する見込みが極めて薄い選挙候補者を指す。マック赤坂さんも長らく泡沫候補と呼ばれているが、本人はどう思っているのか?

    「もう慣れたよね。今回も”脱泡沫”を目指したんだけれど、メディアの事前談合で見事泡沫入り。だから、小池さんや鳥越さんなどの演説に行けば、映り込めるかなって。もう、どうせだったら天下の泡沫候補になってやりますよ」

    マック赤坂さんは16日、銀座で小池百合子さんと演説時間が重なるハプニングに遭遇。その際、「今度、デートしましょう」「携帯番号教えてください」とラブコールを贈った。

    「僕、美人には弱いからね」と笑顔で話す。

    26日は、新宿駅東南口で行われた鳥越さんの街頭演説に突入。「恒久平和」「憲法9条を守ろう!」と書かれた旗を掲げ、鳥越陣営に突っ込んだ。

    Takumi Harimaya / BuzzFeed
    Takumi Harimaya / BuzzFeed

    支持者と「選挙妨害だ」と揉めるシーンもあったが、「こうでもしないとね」とスマイルを見せる。

    小池さんの当確。ニコニコ生放送で「彼女、きれいになったよな」と話した。

    ドワンゴ / Via live.nicovideo.jp

    泡沫候補を追ったドキュメンタリー映画「立候補」でも取り上げられ、注目されたマック赤坂さん。「いつかは勝てる」という思いが、立候補のモチベーションだという。

    BuzzFeedの「落選したらどうするのか」という問いに、「都議選に出るよ。都議会を倒すのが僕の目標だから、中に入って内側から壊していく」と答える。

    今回はコスプレを脱ぎ捨て、スーツに着替えたマック赤坂さん。「次の出馬ではなにを起こすのか。すでに彼の頭の中にある」そう記者の目には映った。

    Facebookでも記事をお届け。