back to top

JASRACを偽った詐欺グループ情報が拡散 「230万円を請求」「携帯を破壊された」

あやしいと思ったら電話を。

日本音楽著作権協会(JASRAC)を騙る詐欺グループの情報が、約2万件弱リツイートされている。

情報です。JASRACをかたる詐欺グループが、サークルや同人活動をしている個人をメインに「著作物使用料」を請求する被害が出始めた模様です。 すでに心当たりのある方は警察に。まだ来てない方も、ボイスレコーダーの装備や自衛をしっかりと… https://t.co/jII4vOxMKa

▲該当ツイート。投稿者の許可を得て掲載(No.D32-aJWe6)

ツイートによれば、サークルにJASRACを名乗る男性2名が訪れ、「サークル活動を開始したときからの楽曲使用料が支払われていない」と230万円を要求した。

サークルのメンバーが携帯電話を取り出すと、男性は「警察を呼ぶつもりだろう! 今すぐ払え! 払えないならもっと怖いおじさんが来るぞ」と怒鳴り、携帯電話を破壊したという。

さらに身分証明書や請求書を提示しないなど、不審な点があったため、投稿者らが大人数で問い詰めたところ、詐欺グループだとわかった。

詐欺グループは、同人活動をしている人物で、同じ手口を使ってこれまでに3万円を騙し取ったと投稿者に話している。なお、投稿者は権利者に対し、使用料を払うなど事前に対応をしていたとツイートにある。

JASRACは、この詐欺グループの実態を把握しているのか。

JASRACはBuzzFeed Newsの取材に、「このような事例があるのかと思ってビックリしています」とし、事実確認の上、対応を検討するとした。

過去には架空請求や、JASRACを偽りファイル交換ソフトを使用しているかどうかの確認電話など似た事例はあったという。

では、騙されないためにはどうすればいいのか?

「JASRACの職員が訪れたら、身分証を提示した上でご説明します。少しでもあやしいと思ったら、JASRACにご連絡をいただければ」と注意を促している。

TEL:03-3481-2121(代表電話)


Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:Takumi.Harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.