back to top

読売ジャイアンツが黒星スタート 「開幕が黒星だったら優勝」ジンクスを検証

1947年のデータから調べてみました。

プロ野球が3月30日、ついに開幕⚾︎

時事通信

昨シーズン、11年ぶりのBクラスとなり、クライマックスシリーズ進出を球団史上初めて逃した読売ジャイアンツは、本拠地・東京ドームで阪神タイガースとの開幕戦。

開幕投手は2年ぶり4度目となるエースの菅野智之が大役を務めた。しかし、自己ワーストとなる12安打を浴び、7回5失点と炎上。チームも1対5で敗れた。

時事通信

143試合あるペナントレースの1試合ではあるが、開幕戦はファンの気合いの入り方も違う。黒星スタートとなり、ファンは気落ちしているかと思ったらそうでもなさそうだ。

Twitter上にはファンから、このような声があがっている。

「開幕戦負けた年は優勝しているイメージ」

確かに開幕戦負けた年は優勝してるイメージあるな、うん #giants #ジャイアンツ

「優勝する年はだいたい開幕黒星」

@yuumafct_eagls 勝てる! てかね、ジャイアンツ優勝する年だいたい開幕黒星だからもしかして、、?

開幕戦が黒星スタートの年は優勝している」と一部ファンの間で話題になっているのだ。

はたしてこのジンクスは本当なのか? BuzzFeed Newsは、球団名が東京読売巨人軍(読売ジャイアンツ)に改称された1947年から検証した。

「黒星スタートは優勝」とは言えない?

1947年の球団名改称後、チームがリーグ優勝した回数は計37回(うち22回が日本一)。

その中で、白星スタートでリーグ優勝したのは17回黒星スタートで優勝したのは16回

むしろ白星スタートで優勝した方が回数としては多く、残念ながら「黒星スタートしたら優勝」とは言い切れない。

6年ぶりの黒星スタートだから?

2000年は黒星スタートで優勝した
時事通信

2000年は黒星スタートで優勝した

読売ジャイアンツが1947年以降、黒星スタートで優勝したのは1949年が初めて。この年は開幕戦こそ負けたものの、4月から一度も首位を明け渡すことなく、優勝した。

9年連続のリーグ優勝と日本一に輝いた「V9時代」は、9回の優勝のうち7回が黒星スタートだ。しかし、それ以降の優勝は8回連続で白星スタートになっている。

ふたたび黒星スタート優勝になるのは、2000年。広島から江藤智を獲得し、「ミレニアム打線」と呼ばれた年だ。

4月終了時点では3位だったが、6月に首位に立つ。そして9月24日の対中日ドラゴンズ戦。最終回に江藤が満塁ホームランを打ち同点に。続く二岡がサヨナラホームランを放ち、劇的な優勝を決めた。

近年の2002、08、09、12年が黒星スタートで優勝していること。また読売ジャイアンツの黒星スタートは6年ぶりとあって、12年のリーグ優勝・日本一と重ね合わせているファンが多いようだ。

開幕2戦目となる31日の先発は、巨人が田口麗斗。阪神は藤浪晋太郎となっている。午後2時よりプレイボール。

BuzzFeed JapanNews


Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:takumi.harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.