• pyeongchang2018gorin badge
  • gorin badge

ソチの浅田真央と平昌のネイサン・チェン 最後まで諦めない「王者の演技」

ネイサンは五輪史上初の6本の4回転ジャンプに挑んだ。

平昌オリンピック9日目。男子フィギュアスケートは羽生結弦選手が66年ぶりの五輪連覇に輝いた。

銀メダルは宇野昌磨選手(日本)、銅メダルはハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)。

Jamie Squire / Getty Images

表彰台にあがった3人以外にも大会を沸かせた選手たちはいる。

その中の1人がアメリカ代表のネイサン・チェン選手だ。

AFP=時事

ネイサンは17年のグランプリファイナル覇者で今大会も優勝候補とされていた。しかし、16日のSPではすべてのジャンプを失敗し、17位と大きく出遅れる。

迎えた17日のフリー。ネイサンは6本の4回転ジャンプに試みた。これはオリンピック史上初の構成。

その姿は、ソチ五輪のSPを出遅れ、“奇跡のフリー”を見せた浅田真央さんを彷彿とさせた。

ソチ五輪の浅田真央と、平昌五輪のネイサン。「王者の意地の演技」を写真で振り返る。

SPで全競技者の最後に滑走した金メダル候補の浅田真央。演技が始まって間もなくのトリプル・アクセル、着氷に失敗した

Ryan Pierse / Getty Images

演技後、浅田はインタビューに「なにもわからない」と答えた

AFP=時事

ネイサンもSPですべてのジャンプを失敗。金メダル候補ながら17位と出遅れた

Robert Cianflone / Getty Images

演技後は、「なにが起こったか分からない。とにかく酷かった」と語った

AFP=時事

そして迎えたフリー演技

浅田はこだわってきたトリプルアクセルに挑み、見事成功。バンクーバーでは飛べなかった3回転+3回転も成功させた

AFP=時事

完璧な演技だった。演技後、感極まった浅田は涙を流した

AFP=時事

計8度の3回転ジャンプを着氷し、142.71点と自己ベストを更新。16位から驚異の追い上げで6位入賞を果たした

Ryan Pierse / Getty Images

銀盤の皇帝・プルシェンコは浅田を「君は真の戦士だ」と讃えた

Mao - you was great, special thanks for Axel 3,5! You're real fighter!! #Sochi2014

そしてネイサン選手。先述の通り6本の4回転ジャンプに試みたのは五輪史上初

AFP=時事

6本のうち5本を成功させた

AFP=時事

そしてフリーでは1位となる215.08点を叩き出した。合計297.35点でメダルには届かなかったものの、5位と巻き返した

AFP=時事

安藤美姫さんは「幸せな時間をもらった」と歓喜の声

9. Nathan CHEN 🇺🇸 ぎゃぁぁぁぁぁ〜もうショートが悔やまれる!!! 悔やまれ過ぎます!!! 感動!!!!! 最高!!! 最強!!! こんな素晴らしい演技をこのオリンピックで見られるなんてなんて幸せな時間をもらったのでしょうか! ありがとうネイサン!涙

最後まで諦めない「王者の滑り」は、平昌オリンピックでも人々を感動させた。

AFP=時事
BuzzFeed JapanNews


Contact Takumi Harimaya at takumi.harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here