首相官邸サイトで三権分立の矢印、なぜ「内閣→国民」?内閣官房に聞いてみた

    首相官邸のウェブサイトにある、三権分立についての図。矢印の方向と内容が、教科書に掲載されているものなどとは「違う」と話題になっています。

    日本政治の基本的な枠組み「三権分立」。主権である国民のもとで、国会(立法)、内閣(行政)、裁判所(司法)の3つの権力が互いにチェックし合い、バランスを取る仕組みを表したものです。

    Twitter上で、首相官邸のウェブサイトに掲載されている、三権分立についての説明図が「おかしいのではないか」と話題になっています。

    BuzzFeed Japanは、内閣官房内閣広報に取材しました。

    まず、三権分立って?

    衆議院 / Via shugiin.go.jp

    衆議院ウェブサイトに掲載された三権分立についての図と説明

    三権分立とは何なのでしょうか。衆議院のウェブサイトでは、こう説明しています。

    「日本国憲法は、国会、内閣、裁判所の三つの独立した機関が相互に抑制し合い、バランスを保つことにより、権力の濫用を防ぎ、国民の権利と自由を保障する『三権分立』の原則を定めています」

    例えば、国会と裁判所が「弾劾裁判」と「違憲立法審査」で双方向に監視するように、3機関はそれぞれ牽制し合い、権力が1カ所に集中して暴走することを防いでいます。

    そのなかで主権者の国民は、国会(立法)に対しては「選挙」、裁判所(司法)に対しては「最高裁判所裁判官の国民審査」、そして内閣(行政)に対しては「世論」で、それぞれ影響を与えることができます。

    今回、問題になっているのは、首相官邸のウェブサイトに掲載されている図にある、「国民」と「内閣」との関わりです。

    首相官邸ウェブサイト / Via kantei.go.jp

    首相官邸ウェブサイトに掲載された三権分立についての図

    衆議院が掲載している三権分立の図は、学校の教科書に掲載されているものと同じで、「国民」から「内閣」の方に向かって「世論」の矢印が伸びています。

    なぜ「内閣」から「国民」に「行政」の矢印が?

    一方、首相官邸が掲載する図では「国民」と「内閣」の間には、「内閣→国民」の方向で「行政」という矢印が付いています。

    これにTwitter上では「矢印が逆ではないいか」「内閣が国民を縛るように見える」「国民の声(世論)を活かしていくのが正常な社会では」といった意見が出ました。

    内閣広報の見解は?

    この点について、首相官邸のサイトを管轄する内閣官房内閣広報に取材しました。

    内閣広報の担当者によると、この図は1998年から使われているものだといいます。

    「20年以上にわたり歴代政権で使われているもので、当時どのような意図で作成し掲載されたものかは分かりかねます」

    また、「政府として三権分立について公式な図はない」とした上で、矢印が「国民→内閣」でなく「内閣→国民」の方向に「行政」で伸びている理由としては「あくまで、行政サービスを提供するという意味」という答えでした。

    次に、公民などの教科書に掲載されている図との矢印の向きの違いなどについて尋ねました。

    「教科書の図は各出版社がそれぞれの認識に基づいて作ったものです。政府として公式の図はないため、『この図を使ってください』などとお伝えすることはありません。なので、内閣府の図との違いは『視点の違い』です」

    子ども向けサイトでは「国民→内閣」

    首相官邸 / Via kantei.go.jp

    「首相官邸きっず」に掲載されている三権分立の説明図

    官邸が子ども向けに開いている「首相官邸きっず」というサイトの「ミミズク博士と社会科を学ぼう!三権分立って何?」のコーナーでは、矢印は衆議院のサイトや教科書と同じ「国民→内閣」となっています。

    説明欄でミミズク博士は「国民の権利利益を守るため、権力が一か所に集まらないように、『三権分立』という仕組みがつくられたんじゃ」と説明しています。

    「不適切な図」木村草太さん

    憲法学者で都立大学教授の木村草太さんは、図の矢印が一カ所だけ国民へ向いていることについて「不適切な図」だと話します。

    木村さんはBuzzFeed Newsの取材に対して、こう話しました。

    「内閣は国民に行政サービスを提供していますが、国会も裁判所もそれぞれ、国民に対してサービスを提供しているので、内閣からの矢印が国民に向いているなら、国会や裁判所からも同じ方向に矢印が向いているべきです。矢印の性質が違うため、不適切な図であると考えます」

    「そもそも、三権分立の説明図での、国民から内閣に対する『世論』の矢印は、権力を監視するという意味です。この図では、1つだけ矢印の方向が違い、他の矢印と性質が違い、釣り合わなくなっています」

    木村さんは、矢印が内閣からだけ国民に向いているにも関わらず、他の2つの矢印と、色や形が一緒なことからも、不適切な図であると指摘しました。


    ご意見を募集しています

    📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

    日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

    情報や質問も気軽にお寄せください🙌様々なご意見、お待ちしています。

    友だち追加


    Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here