go to content

息子の真のアイデンティティのため、妻のタトゥーを修正したアーティスト

「息子は、私たちが彼を信じていると確信したと思うよ」

Posted on

カナダのカルガリーを拠点とするタトゥー・アーティスト、スティーブ・ピース。彼はつい先日、10年以上前に彼の妻リンジーに彫ったタトゥーを修正した。そのタトゥーには、彼らの子供たち、エリオット、ハミッシュとエースが描かれている。

彼らの長男エースはトランスジェンダーの15歳だ。リンジーの腕にスティーブが彫った、エースがカミングアウトする前の姿の肖像画があった(左)。しかし、これは現在の彼を正確に描写したものではなかった。

Facebook: stevepeacetattoos

「トランスジェンダーの人々の多くは、これまでの自分の姿を忘れてしまいたい人が多い」と、スティーブはBuzzFeedNewsに語った。「エースの家族として私たちは、そのことが、ずっと気がかりだったんだ」

スティーブは、知らない人が妻のタトゥーについて質問した場合、エースの肖像画と現在の姿の違いについて、いつも説明しなくてはならない気まずい状況になるだろうとも考えた。

妻にタトゥーのレーザー除去を受けてもらう代わりに、スティーブは、肖像画を更新することにした。自分のFacebookページに、スティーブはこう 書いた。「新しく幸せな最高の人生を送っている、息子のありのままの姿を完全に表現するために、私はタトゥーを更新する必要があると考えた」と。

更新されたタトゥーでは、エースのピンク色のドレスは、ブルーのTシャツとショートパンツに変わった。蝶結びの紫色のリボンが、パチンコに変化していることもわかる。

facebook.com

スティーブとリンジーは、このタトゥーの修正で息子を驚かせた。完成にはたった1時間しかかからなかったのだが、「息子は、私たちが彼を信じていることを、心から再確認できたと思うよ」と、スティーブは話す。

「親たちはよく、子どもが同性愛者であることを隠す。私たちは世間にオープンでありたいんだ」

エースは、最終的に出来上がったタトゥーに感動しGlobal Newsにこう語った。「このタトゥーを見て、本当に幸せな気持になった。母がこんなにも僕を信じていてくれたとは気づいていなかった。タトゥーはようやく僕に合ったものになったんだ」

スティーブが勤務しているタトゥーショップは、Facebookページ上に特別画像を公開した。これまでのところ、その反響は圧倒的にポジティブなものである。

「妻は息子のタトゥーを大切にしないといけないね!」(スティーブ)

Sarah Karlan is the Deputy LGBT Editor for BuzzFeed News and is based in New York.

Contact Sarah Karlan at sarah.karlan@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.