• Poll badge

本当にダサい? 話題のユニフォームを世界各国と比べてみた

あなたは着てみたい?

観光ボランティアの制服デザイン、変わるかも?

東京都 / Via metro.tokyo.jp

2020年の東京オリンピック開催に向けて求められている“おもてなし”ですが、今年から市民観光ボランティア「おもてなし東京」が発足。しかしユニフォームのデザインが「ダサすぎる」と別のところで話題を呼び、都がデザイン変更を検討することになりました。

ネットでは賛否両論が飛び交うけれど

東京オリンピックボランティアのユニフォーム?こう言っちゃあなんだけどクソダサいですよね…

「おもてなし東京」の制服、かわいいと思ってしまった自分は異端なのだろうか。。

世界の五輪ボランティアの制服はどんな感じ?

今回議論の対象となっているのはあくまで東京都観光ボランティアのユニフォームですが、同様に外国人のサポートなどにあたってきたオリンピック開催地の市民ボランティアは、どんなユニフォームを着ていたのでしょうか?

1. リオデジャネイロ(2016年)

Goh Chai Hin / AFP / Getty Images

ブラジルの国旗にも使われる緑と黄色を基調とした鮮やかなユニフォーム。

2. ソチ(2014年)

Goh Chai Hin / AFP / Getty Images

かなり派手なこちらのユニフォームですが、とっても可愛い。

3. ロンドン(2012年)

Jeff J Mitchell / Getty Images

鮮やかながらも落ち着いたデザイン。

4. バンクーバー(2010年)

Jeff Vinnick / Getty Images

シンプルなブルーのジャケット。同色の帽子もセットです。

5. 北京(2008年)

Toshifumi Kitamura / AFP / Getty Images

爽やかな色合いですが、中国っぽさはあまり感じないかも?

6. アテネ(2004年)

Nick Laham / Getty Images

サイドのカラフルな色使いが特徴的です。

7. シドニー(2000年)

Cameron Spencer / Getty Images

う......かなり派手。

そして渦中のユニフォームがこちら

時事 / Via 東京都提供

藤江珠希氏がデザインした今回のユニフォームはポロシャツにプリントでベストなどを表現したもの。セットで帽子とバッグが用意されてます。

  1. このユニフォーム、あなたはどう思う?

エラーが発生しました
サーバーに障害が発生しました.
このユニフォーム、あなたはどう思う?
  1.  
    投票結果 投票結果
    けっこう良いじゃん!
  2.  
    投票結果 投票結果
    ちょっとダサいかも...