Posted on 2017年10月28日

    あの名作を飲んでみる? 文学作品をコーヒーで再現した「飲める文庫」が発売

    実はすんごいテクノロジー

    「飲める文学作品」が誕生!

    やなか珈琲

    やなか珈琲は名作文学の読後感をコーヒーで再現した「飲める文庫」を発売しました。

    今回コーヒーになったのは、島崎藤村「若菜集」、太宰治「人間失格」、夏目漱石「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」、森鷗外「舞姫」の6作品です。

    名作のレビューをコーヒーの味に変換

    名作文学の感想文を人工知能が分析、コーヒーの味覚指標に変換することで実現しました。

    「舞姫」の豊太郎の葛藤や「人間失格」で語られる人間の弱さを、コーヒーの苦味や酸味のバランス、キレなどで表現しています。

    夏目漱石「こころ」

    やなか珈琲

    夏目漱石「我輩は猫である」

    やなか珈琲

    太宰治「人間失格」

    やなか珈琲

    夏目漱石「三四郎」

    やなか珈琲

    島崎藤村「若菜集」

    やなか珈琲

    森鴎外「舞姫」

    やなか珈琲

    本好きの心をくすぐる書籍風パッケージ

    やなか珈琲

    こちらは、「6作品飲み比べ ドリップバッグセット」(2340円)。

    作品をイメージした書籍風のパッケージは、ファンの心をくすぐる粋なデザインです。

    読書好きなあの人へのギフトにしても喜ばれそうですね。

    あの名作、今度はコーヒーで味わってみる?

    やなか珈琲

    やなか珈琲の開発者は「約30種類の国と地域、スペックの違うコーヒーの中からAIが導き出した味の指標を基に、それぞれのブレンドの違いを明確にするため試行錯誤を繰り返しました」と、その苦労を振り返っています。

    「飲める文庫」は11月30日までの期間限定で、やなか珈琲店頭にて販売予定です。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form