クラフトビール感がアップ! 進化した「よなよなエール」を飲んでみた

    飲み比べてみたよ

    よなよなエールが、初めてのリニューアル!

    手前が新しいよなよなエール。缶のデザインはほぼ同じですが、「香りのペールエール」から「クラフトビール」へと表記が変わりました。 Shunsuke Mori / BuzzFeed

    ヤッホーブルーイングは、今年で発売20周年を迎える「よなよなエール」をリニューアルしました。

    1997年の発売以降、レシピの大幅変更は今回が初めてです。

    さっそく、リニューアル前後のよなよなエールを飲み比べてみました!

    見た目は一緒だけど、味は...?

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    新旧よなよなエールをグラスに注いでみましたが、見た目では区別がつきません。

    では、味はどう変わったのでしょうか? 同僚に試飲してもらいました。

    「ぜんぜん違う、香りがフルーティーになった!」

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    「新しいほうがグレープフルーツっぽい香りが強くて、飲みやすいです! 旧よなよなはもっと濃くて、重たい感じ」

    確かに、柑橘系の香りは新よなよなのほうが格段に強く、華やかな印象です。余韻も長く楽しめます。

    「旧よなよなのほうが、飲みやすいかも🤔」

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    「新しいものはホップの苦味が強いです。僕は旧よなよなのほうが好きですね...」

    新しいよなよなエールは原料のアロマホップを増量しており、ホップの風味を強く感じます。

    旧よなよなのほうが甘みがあるまろやかな味なので、むしろ飲みやすいという声もありました。

    レビューをまとめると、こんな感じ

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    旧:まろやかなペールエール。香りはあるものの、控えめ。どっしりとしたコクがある。

    新:香りとホップの味が強い。海外のクラフトビールのような、ちょっと尖った風味が特徴的。

    ヤッホーブルーイングは新しいよなよなエールの味について、次のようにコメントしました。

    「ビールファンには『これは、本格的なクラフトビールだ!』と、普段ラガービールしか飲まない方には『いつもと違うビールだけど、クラフトビールも美味しいね!』と思ってもらえたら嬉しいです」

    新しいよなよなエールは10月中旬より、全国のスーパーやコンビニの店頭に並ぶ予定です。

    ※一部店舗では先行販売が行われています。