インドア派にオススメ!気軽に始められる“大人の趣味” 7選

    こんな趣味はいかが?

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    2018年、ゆる〜い趣味を始めてみない?

    Shunsuke Mori / BuzzFeed , Yahoo!ショッピング

    「なにか新しい趣味を見つけたいな」と思いつつ、お金や時間の制約があって、なかなか始められないことってありますよね。

    今年は、気軽に始められるこんな趣味に挑戦してみてはいかがですか?

    1. 美しい「大人の塗絵」で心癒される

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    塗り絵・コロリアージュは、近年注目されている大人向けの趣味の一つ。美しい細密画を黙々と塗っていくのは、良い気分転換になりそうです。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    その面白さを体感すべく、「美しい模様の動物塗り絵」に挑戦してみました。

    せっかく細かく塗り分けられるので、36色以上の色鉛筆セットを用意するのがおすすめです。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    塗り始めると思った以上に細かい作業で、集中力が必要です。でも、少しずつ画が出来上がっていくのが面白い!

    絵心がなくてもアーティスト気分を味わえるのも最高です🙌

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    こちらは塗り絵ではありませんが、同じく気軽にアートを楽しめる「スクラッチアート」です。

    専用のペンで線画を削っていくと、キラキラと輝く下地が見えてきます。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    数時間ひたすらスクラッチし続けると、神々しく輝く弥勒菩薩像が姿を表しました! 達成感ハンパない!

    2. お手軽なのに奥が深い、手作り燻製

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    おうちで気軽にできる「燻製」がちょっとしたブームになっています。

    コンパクトな燻製器「いぶし処 スモークポット」なら、家庭のガスコンロで簡単に燻製を楽しめます。

    Michiko Tokuoh for BuzzFeed

    コンビニで買ってきたおつまみやナッツも、さくっと燻製すればこの通り!

    Michiko Tokuoh for BuzzFeed

    ヒッコリーやくるみなど、スモークに使うチップによっても出来上がりの色や風味が異なります。

    チップの種類や時間をいろいろ試して、自分好みの燻製を研究するのも楽しそう!

    Michiko Tokuoh for BuzzFeed

    こちらは、蒸し物にも使えるガラス蓋付きのタジン鍋。もくもくと燻される様子を見られるのがポイントです!

    3. 庭がなくても始められる! 気軽な水耕栽培

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    庭やベランダがなくても、室内で野菜やハーブを育ててみませんか? 土を使わない水耕栽培なら、手間もかからず気軽に始められます。

    コンパクトサイズがかわいい「Cocochi」は、容器とポンプ、液体肥料や植物の種子までがセットになった入門商品です。

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    バジルなどのハーブ類はもちろん、ルッコラやレタス、ミニトマトなどの野菜も育てられます。

    毎日少しずつ育つ野菜の様子は、見ているだけで元気がもらえる😌

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    また、LED照明などが付いた大型の水耕栽培ガジェット「Green farm」なら、一度に多くの野菜を育てられますよ。

    自分で作った野菜を使えば、料理も楽しくなりそうですね😍

    4. 毎日愛着が湧いてくる、簡単な味噌作り

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    料理や食べることが好きなら、ちょっと渋い「味噌作り」を趣味にしてみてはいかがですか。

    必要な材料がセットになった「味噌作りセット」なら、届いたその日から本格的な味噌作りを体験できます。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    作り方は意外とシンプル。水を吸わせた大豆を煮て、潰したものを塩や米麹と混ぜ合わせます。

    仕込みが終わったら樽に入れて、暖かい場所に放置しておくだけです。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    味噌は長期間熟成させると色も変わり、味の変化も楽しめます。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    自家製の味噌で作った味噌汁は本当に美味しい!

    毎日の食卓で活躍する味噌だから、出来たものをおすそ分けしても喜ばれるかもしれませんね。

    5. 無心になって泥団子を磨き続けるのは、最高の癒しかも

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    塗り絵のように無心になれる系の趣味としては「泥団子づくり」もおすすめ。

    専用の土を使い、ピカピカに磨かれた泥団子は宝石のように輝くんです。今回は必要な材料がセットになった学研の「どろだんごの王様」に挑戦してみました。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    土を触るのって久しぶり! ひんやり気持ちいい土を手にすると、子供のころの泥遊びのワクワクを思い出します。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    丸めた泥団子をきれいな球体に削り、粒度の細かい土を表面に付けて磨いていきます。

    ひたすら同じ繰り返しなんだけど、「ここがまだ磨き足りない...」とどんどん夢中に...気づけば2時間が経過していました。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    最後に色を付けて仕上げた渾身の泥団子がこちら! ちょっといびつですが、なんだか惑星みたいで綺麗!

    次は別の色を・もっと輝くやつを...とこだわっていると、何個でも作れそうです😎

    6. 楽譜が読めなくても楽しめるウクレレ

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    音楽が好きなら、ウクレレに挑戦してみてはいかがですか?

    ケースや教本がセットになった初心者向けの入門セットも売っているので、まずはこちらがおすすめ。

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    ピアノのように楽譜が読めないと弾けないということはなく、ギターのように指が痛くなる辛さもありません。

    いくつかコードを覚えればすぐに一曲弾けるようになるので、演奏する楽しさを気軽に楽しめるようになるのが魅力です。

    7. アナログならではの楽しさを味わえるボードゲーム

    Ryo Yamaguchi / BuzzFeed

    専門店がオープンするなど、近年人気が高まりつつあるボードゲーム。インドアだけど、友達とわいわい楽しめるのが魅力です。

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    大人向けのボードゲームといえば、ドイツ生まれの「Catan(カタン)」がおすすめ! 参加者が島の開拓者となり、資源や土地をとりあう戦略ゲームです。

    むっちゃ面白くて、夢中でやり続けていたら朝になっていたことがありました....。

    Ryo Yamaguchi / BuzzFeed

    Not My Fault(俺のせいじゃない!)」は、ちょっとブラックな面白さのあるゲーム。

    参加者はIT開発会社のエンジニアとして、30日でプロジェクトを完成させなくてはいけません。

    嘘でも「予定通りに進んでいます」と言い続けなくてはいけないのですが、もし進捗が遅れ、嘘をついたことがバレたら停職...。

    Ryo Yamaguchi / BuzzFeed

    でも、引いたカードによっては、どんどん遅れが生じていき......。他のプレイヤーに嘘がバレたら、停職に追い込まれてしまいます。

    怖いくらいリアルな設定なのですが、これがまた面白いんです!

    narumi / BuzzFeed

    こちらは「狩歌(かるうた)」というかるた。カードにはJPOPの歌詞によく出てくる言葉が書かれています。

    narumi / BuzzFeed

    好きな歌を流しながら、その歌詞が出てきた瞬間にカードをとる!

    好きなアーティストの曲や懐メロを流しながらワイワイやると、めっちゃ盛り上がります😎

    やってみたい趣味は見つかった?

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。