ジブリファンは絶対行って! ハクのおにぎりも食べられる「鈴木敏夫とジブリ展」開催中!

    スタジオジブリとプロデューサー鈴木敏夫氏の歩みを振り返る「鈴木敏夫とジブリ展」が開催中です!

    by ,

    ジブリ好きにはたまらないイベントが始まりました!

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    プロデューサーとして数々のスタジオジブリ作品を手がけてきた鈴木敏夫氏の展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」が神田明神(千代田区)にて開催中です!

    「鈴木敏夫とジブリ展」

    漫画に熱中した少年時代から、日本初のアニメーション雑誌「アニメージュ」創刊時の様子、ナウシカの映画化、そしてスタジオジブリ時代のコピーライティングまで、鈴木氏の半生を振り返ります。

    会場にはジブリ作品のキャッチコピーや名台詞など、鈴木氏の書がずらり

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    ジブリといえばこの字なんですよね。

    めちゃくちゃレアな、こんな展示品も!

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    「風の谷のナウシカ」の企画書や作品の題字など、ファンにはたまらない展示品もあります。ジブリ好きなら半日くらい見ていられそう。

    思わず写真を撮りたくなる展示がたくさんありました

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    まず、入り口前には日清製粉のCMでおなじみの「コニャラ」が!

    めっちゃ大きいこちらの「コニャラ大仏」もちろん一緒に写真撮影そしてもOK。触るとふわふわでした!

    Miho Arai / BuzzFeed

    展示の中盤には、ジブリの作品のあの名言が、思い出深いシーンとともに展示されていました。

    これ、文字が浮いてるんですよ。カッコいい...!

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    「生きろ、そなたは美しい」「生きねば。」「ここで働かせてください。」鈴木氏の力強い書が並びます。

    突然の「バルス!」はちょっと笑ってしまったw

    Miho Arai / BuzzFeed

    そしてめちゃくちゃリアルな湯屋の大型模型も発見。音も出ていて、こだわりがとにかくすごい!

    展示の最後には、巨大な湯婆婆と銭婆が!

    Miho Arai / BuzzFeed

    迫力がすんごい…! 実はこれ、おみくじになっているんです。

    銭婆の方では開運おみくじ、湯婆婆の方では恋愛おみくじをひけます。

    どうやって占うかというと...

    まさかの口に手を突っ込むスタイルwww

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    なんだろう、真実の口的な怖さがあります。

    中には湯屋の札がたくさんあって、引いた数字の番号の札を引き出しから取る仕組みです。

    Miho Arai / BuzzFeed

    今回は優しそうな顔の銭婆に占ってもらいました。札を引くと、「大丈夫、あんたならやり遂げるよ」と銭婆の声。

    銭婆、ありがとう〜!

    Miho Arai / BuzzFeed

    釜じいの部屋にあったようなひきだしを開けると...おみくじの結果が入っていました! もちろん、この紙は持ち帰ることができます。

    「鈴木敏夫とジブリ展」

    混雑時、時間がない人でもささっとおみくじをひけるように、簡易版も置いてありました。

    コラボカフェではかわいいジブリ飯を楽しめます

    「鈴木敏夫とジブリ展」

    期間中は会場1階のカフェ「EDOCCO CAFE MASU MASU(マスマス)」で、限定コラボメニューが提供されます。

    こちらは「まっくろなくろ胡麻おはぎのお茶セット(864円)」です。

    Miho Arai / BuzzFeed

    そしてこちらが「千と千尋の神隠し」にでてくるおにぎりをイメージした「白(ハク)米のおにぎり(864円)」。

    元気になるまじないがかかっている...はず...。

    神田明神にて、5月12日まで開催中!

    Miho Arai / BuzzFeed

    入場料は大人1300円、中高生800円、小学生600円。

    ※一部の展示では、一般来場者の写真撮影が禁止されています

    ©︎ TS ©︎ Studio Ghibli