back to top

迫力満点の3D映像を自分で作れる!最高のおもちゃを見つけた

この記事はアフィリエイトリンクを含みます。

話題の3D動画を自分で作れる!

自分がその場にいるような臨場感を味わえる3D動画。実は高価な機材を使わないでも、簡単に自作できちゃうんです!
Makidotvn / Getty Images

自分がその場にいるような臨場感を味わえる3D動画。実は高価な機材を使わないでも、簡単に自作できちゃうんです!

それがこれ! スマホ用の3D撮影レンズです

今回使ったのはELECOMの3D動画撮影レンズです。かなり軽量で、持ち運びにも便利!
Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

今回使ったのはELECOMの3D動画撮影レンズです。

かなり軽量で、持ち運びにも便利!

クリップでスマホに挟むだけ!

スマホのレンズに合わせて、クリップで装着します。
Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

スマホのレンズに合わせて、クリップで装着します。

画面はこんな感じ

Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

画面が2つに分割されます。左右で少しだけ見える世界が違うのがポイント!

この左右の「ズレ」が、立体視のポイントとなります。
Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

この左右の「ズレ」が、立体視のポイントとなります。

さっそく、写真を撮ってみました

被写体は部屋にあったマグカップとエスプレッソメーカー。適当に撮ったこんな写真が、本当に3Dになるでしょうか...
Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

被写体は部屋にあったマグカップとエスプレッソメーカー。

適当に撮ったこんな写真が、本当に3Dになるでしょうか...

スマホ専用のヘッドセットがあると見やすいらしい

撮影した写真や映像を見るときは、専用のゴーグルやヘッドセットがあると便利です。
Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

撮影した写真や映像を見るときは、専用のゴーグルやヘッドセットがあると便利です。

使い方は簡単。スマホをはめるだけ!

Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

今回使用したものは、画面サイズが3.5〜6インチのスマホに対応します。

今回はiPhone6とiPhone7+を試してみましたが、どちらもしっかり収まります。

撮った写真を見てみると...すげぇえええ! ちゃんと奥行ある!!!

部屋にあったマグカップを撮影しただけなのですが、それでもちょっと感動するレベルで立体感があります!テーブルの手前側が目の前にあって、エスプレッソメーカーはかなり奥にあります。これはめっちゃ楽しいやつだ!!!!
Shunsuke Mori / BuzzFeed

部屋にあったマグカップを撮影しただけなのですが、それでもちょっと感動するレベルで立体感があります!

テーブルの手前側が目の前にあって、エスプレッソメーカーはかなり奥にあります。

これはめっちゃ楽しいやつだ!!!!

動画だと没入感がよりすごい!!

Shunsuke Mori / BuzzFeed

通勤途中にオフィスの前で動画を撮ってみました。

観てみると、やっぱり静止画よりすごい!!本当にその場にいるような没入感があります。

公園を散歩しただけで、結構楽しめる動画が撮れる

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

いろんな物を撮ってみたくなったので、近所の公園を散歩しながら適当に撮影してみました。

撮った映像を会社の同僚に観てもらうと...

「水しぶきの立体感がすごい!!!」

イヤホン付きで観ると、より臨場感があります。Shunsuke Mori / BuzzFeed
噴水の水しぶき一粒一粒に奥行きがあって、かなりの迫力!音も一緒に聞くと、こちらまで水が飛んできそうな気がします。
Shunsuke Mori / BuzzFeed

噴水の水しぶき一粒一粒に奥行きがあって、かなりの迫力!

音も一緒に聞くと、こちらまで水が飛んできそうな気がします。

「本当に自分がその目線にいるみたい!」

「カモに寄っていくシーンでは、池に入っちゃうのかと思った!」
Shunsuke Mori / BuzzFeed

「カモに寄っていくシーンでは、池に入っちゃうのかと思った!」

自分は動いていなくても、自分がカメラの視点にいるような没入感を感じられます。いつもとは違う目線で3D動画を撮ると、かなり新鮮な感覚が味わえそうです!
Shunsuke Mori / BuzzFeed

自分は動いていなくても、自分がカメラの視点にいるような没入感を感じられます。

いつもとは違う目線で3D動画を撮ると、かなり新鮮な感覚が味わえそうです!

スローモーションやタイムラプスも綺麗に撮れました😎

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

渋谷のスクランブル交差点でも撮影してみました。iPhoneのスローモーションやタイムラプス撮影も綺麗に撮れます!(パノラマやポートレートモードは使えません)

3Dでの見え方を考えながら撮るのもめっちゃ楽しい!!!

使ってみてわかったことをまとめると...

《良かったこと》

⭕ とにかく簡単:普通のスマホにクリップを付けるだけ! 観るのも簡単です。

⭕ 画質が綺麗:スマホの3D動画って画質が良くないイメージだったのですが、画質も驚くほど綺麗! ただ、ピントはちょっと合わせにくい印象です。

スマホ用ヘッドセットはめっちゃ使える:3D映画やYouTubeなどのVR動画も楽しめるので、一つ持っておくとかなり楽しめます!

《注意点》

-手ぶれ対策をしたほうがベター:スマホの「手ぶれ補正機能」を使うと、中心線が動いてしまいます。簡単なスタビライザーがあると、より綺麗な映像が撮れそうです。

スマホの3D動画って、めっちゃ遊べる!!!

予想を遥かに超えるクオリティに大満足! 旅行やお出かけで活躍するのはもちろん、いろいろな遊び方ができそうです🙌今回ご紹介した商品以外にも、様々な3D撮影用レンズやゴーグル(ヘッドセット)が販売されています。また、スマホ用360度カメラを使えば、より没入感のあるVR動画をスマホで撮影することも出来ますよ!※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。
Yahoo!ショッピング

予想を遥かに超えるクオリティに大満足! 旅行やお出かけで活躍するのはもちろん、いろいろな遊び方ができそうです🙌

今回ご紹介した商品以外にも、様々な3D撮影用レンズゴーグル(ヘッドセット)が販売されています。

また、スマホ用360度カメラを使えば、より没入感のあるVR動画をスマホで撮影することも出来ますよ!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。