back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

全米王者ウォレスがパラ男子100mで優勝 義足は日本製

競技用義足は海外企業が世界で圧倒的なシェアを占める中、国内企業「Xiborg(サイボーグ)」との提携を発表していた。

5月21日に開催されたセイコーゴールデングランプリ2017川崎で、アメリカのジャリッド・ウォレス選手が優勝した。

出場したのはT44(片下腿切断など) 男子100メートル。同大会では2015年からこのパラリンピック種目が行われている。ウォレス選手の今回の優勝タイムは11秒17。

高校時代は800m・1600mの州チャンピオンだったが、20歳のときにコンパートメント症候群により右足下腿部を切断した。

切断後12週間で初めて義足をつけて走り始め、15カ月で国際大会優勝。Parapan American Games 2011で世界記録を打ち立て、2013年には世界パラ陸上選手権大会(200m・4×100mR)で優勝している。

ウォレス選手は「7年前に足を失ってから世界で一番速いスプリンターになりたいと思っていました」と語る。

2015・2016年の全米選手権チャンピオンに輝くが、リオパラリンピック男子では5位入賞に止まった。

パラリンピック記録が10秒81のところ、ウォレス選手の自己ベストは10秒71。2020年の東京パラリンピックでの優勝を狙い、5月に国内企業のXiborg(サイボーグ)と契約を発表していた。今回の試合からXiborg製の義足を使用している。

広告

「私たちの競技では、トレーニングするだけでなく、義足というテクノロジー、またそれを扱う技術が非常に重要です。Xiborg社が持つ技術と経験は、私の夢の実現、つまり世界が見たこともないくらい速い義足スプリンターになるための、重要なパートナーになることでしょう」

トレーニングに励むかたわら、義足クリニックで切断患者の回復のためのサポートも行う。ウォレス選手をよく知る日本の陸上関係者はBuzzFeed Newsの取材に答え、同選手を「気のいいヤツ」と表現した。

現在、競技用義足はアイスランドの企業であるオズール製のものが圧倒的なシェアを誇る。Xiborg代表の遠藤謙さんは、提携の目的を次のように述べている。

「オリンピック・パラリンピックでは日本人選手の活躍に注目が集まりがちですが、2020年の東京では“日本の技術”が世界の舞台で活躍し、注目される場にもなってほしいと考えています」


Seiichiro Kuchikiに連絡する メールアドレス:seiichiro.kuchiki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.