• odekake badge

【神戸泊ならここ!】おすすめ温泉付きホテル4選〜湯どころ神戸の知られざる実力を発見〜

神戸といえば有馬温泉が有名ですが、実は市内中心部にも湯宿が豊富だということをご存知でしょうか。宿の地下に源泉があったり、近隣の温泉を運んだり、全国の名湯を再現したりとそのスタイルは様々で、どこも満足度の高いお風呂ばかり。バラエティに富んだ神戸の温泉付きホテル4軒をご紹介します。※お出かけの際は十分なご留意と感染対策にご配慮をお願いいたします。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

Eika Akasaki / BuzzFeed

\紹介するのはここ/
【1】「神戸レディス スパ」
【2】「ほてるISAGO神戸」
【3】「神戸ポートタワーホテルなごみの湯宿」
【4】「ホテル神戸六甲迎賓館」

【1】アクセス抜群!神戸の街なかで名湯を「神戸レディス スパ」

Eika Akasaki / BuzzFeed

「神戸レディス スパ」は、神戸サウナビルの3階にあります。「神戸サウナ&スパ」のビルと言えば、神戸の方ならだいたい知っている有名なサウナで、すでに66年(1954年創業)の歴史を持つ老舗。

建物の前には、サウナの聖地・フィンランドから輸入したトントゥというサウナの守り神が鎮座しています。これだけでもサウナにかける本気度が伝わってきますよね。なんと「神戸サウナ&スパ」日本で初めてフィンランドサウナ協会の正式会員の認証を受けたサウナなのだそうです。

男性と女性はフロアが完全に分離

Eika Akasaki / BuzzFeed

そんな「神戸サウナ&スパ」も気になるところですが、筆者は男性の園に入れませんので、3階のレディースフロア「神戸レディス スパ」を利用することにしました。こちらも、簡易宿泊施設でありながら高評価口コミのオンパレード。清潔で高級感あふれるエントランスに、ますます期待が高まります。

敷地内の地下からは天然温泉が湧き出ています

Eika Akasaki / BuzzFeed

今回利用したのは、「【女性専用】レディスカプセルホテル宿泊プラン 【天然温泉・朝食付き】」(4200円〜・税込)。「神戸サウナ&スパ」の人気の理由に、敷地内の地下から湧き出ている天然温泉「神乃湯温泉」が1つとしてあげられますが、それはもちろんレディースフロアのお風呂も同じ。サラッと肌触りのよいお湯は、いつまででも浸かっていたいと思う心地よさでした。

自然光が降り注ぐ明るい雰囲気

Eika Akasaki / BuzzFeed

天然温泉のお風呂付近は、自然光が差し込んでとにかく気持ちの良い空間。お湯に浸かっていると、時間の流れがとてもゆったりとしたものに感じます。洗い場が少し奥まったところにあるという配慮もさすが。

バラのミストサウナで、全身にアロマ効果

Eika Akasaki / BuzzFeed

洗い場の手前には、バラのミストサウナ「ローズテルマリウム」があります。バラのエッセンシャルを含んだスチームのアロマミストが、身体をじんわりあたためて包み込んでくれるというもの。オリジナルのローズソルトも用意されているので、ボティマッサージを施せばお肌がツルツルに。全身でバラのアロマ効果を浴びられるなんて、なんという幸せな空間でしょう。

違う鉱石の岩盤浴が2種類

Eika Akasaki / BuzzFeed

プランの中には含まれていませんが、他にも魅力的な設備がたくさん!「神戸レディス スパ」の岩盤浴は、ゲルマ鉱石とシュンガイド鉱石という、それぞれ効果が異なる2種類があります。岩盤浴を利用するのには別途520円がかかりますが、310円でメンバーズカードの会員になると以後は無料になるとのこと。お得すぎる!

また、フェイシャルやボディケア、各種マッサージなども充実しています(料金別)。宿泊費で節約できた分を、自分磨きに費やすのも良いかも。

パウダールームは宿泊者専用スペースで

Eika Akasaki / BuzzFeed

カプセルホテルを利用する場合は、大きな荷物をロッカーに入れます。スーツケースはフロントで預かってくれるそうです。

宿泊者専用のパウダールームとトイレがあるので、いつも余裕。スパ利用のお客さんと鉢合うことなく利用できます。

最新のカプセルルームは、快適そのもの

Eika Akasaki / BuzzFeed

レディースフロアのカプセルルームは最新の設備が導入されています。今回は下段を利用しましたが、壁が厚いので上や横の音はほとんど聞こえませんでした。カプセルルーム内にはテレビが備え付けられていて、イヤフォンを付けずに見てOKということだったのですが、それもきちんとした防音設備あってのこと。コンセントやUSBのジャックもあるので枕元でスムーズに充電ができます。

枕は低反発のテンピュール製、お布団はふかふかの羽毛布団。カプセルルームなのでもちろん立ち上がったりすることはできませんが、穴蔵のような空間が妙に落ち着きます。温泉やスパで癒されてぐっすり眠るのに、ちょうどいいと感じました。

一度は食べたい、名物の朝ビーフカレー

Eika Akasaki / BuzzFeed

朝食は軽食プレートという形で、和・洋・カレーのうちのどれかが日替わりで振る舞われます。利用した日は名物のビーフカレーでした。カレーやお風呂で発汗した後は、日替わりのデトックスウォーターでさらにデトックス効果を促進。ちなみにデトックスウォーターは無料です。こういう気の利いたサービスが、女性の心を掴むんでしょうね。

ちょっと男性に嫉妬してしまう、充実のメンズフロア

神戸サウナ&スパ, Eika Akasaki / BuzzFeed

レディースが3フロアなのに対し、メンズフロアは4フロア分もあり、さらに様々な施設が揃っています。「神戸サウナ&スパ」のプランも豊富なので、男性の方はこちらもお見逃しなく。

お土産に「神戸サウナカレー」を購入して帰りました。「神戸サウナ&スパ」のオリジナル商品で、「食べるサウナ」と呼んでいるそうです(笑)。辛さで汗がにじんできて、再び心地よかった温泉とサウナを思い出しましたよ!

津村浩彦総支配人よりコメント

「当館自慢の柔らかな泉質の天然温泉は、地下1004mから湧出した自家温泉。サウナはメンズ館内に3種、レディス館内に2種あり、温冷反復浴により免疫力の向上が期待出来ます。心身ともに心からリラックスして頂けます。

館内各所にはアルコール消毒液を配置し、さらに館内の換気およびスタッフによる消毒を徹底しております。またご来館頂くお客様には、ご入館時のマスクのご着用と手指の消毒をお願いしております。更衣室やお寛ぎのスペースではゆったりとした間隔を取り、お客様が安全・安心にお過ごし頂ける施設づくりを心掛けております」

宿の情報&予約はこちらから👇

「神戸レディス スパ」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

住所: 兵庫県神戸市中央区下山手通2-2-10

アクセス:地下鉄「三宮駅」西出口1番 徒歩1分、阪急「三宮駅」西口下車 徒歩3分、JR「三ノ宮駅」西口下車 徒歩5分

部屋数:30室

アメニティ:タオル・バスタオル・館内着、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ、ボディタオル、シャワーキャップ、綿棒、コットン、ブラシ、ドライヤー、ヘアアイロン、テレビ(カプセルルーム内)、体重計、洗顔料、化粧水、乳液、メイク落とし、お化粧品の無料貸し出し

Wi-Fi:あり

宿泊した部屋のコンセント:1か所1個

予算:3700円(税込)〜(リラックスシート休憩3700円(ご入浴+深夜料金)、カプセル宿泊4900円~)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【2】ホッと一息つける、癒やしの料亭旅館「ほてるISAGO神戸」

Eika Akasaki / BuzzFeed

「ほてるISAGO神戸」は、新神戸駅から徒歩5分の距離。「え!?こんなところに?」と思う場所に、隠れ家旅館は佇んでいます。

それもそのはず、こちらのお宿は60年以上の歴史がある老舗で、現在は条例で宿泊施設が建てられない住宅地にあるのです。そのため辺りはとっても静か。新幹線の駅から5分の距離とは到底思えないくらい落ち着いた環境です。

天然温泉と神戸牛を存分に堪能

Eika Akasaki / BuzzFeed

今回利用したのは、「【証明書付神戸牛】最高級神戸牛をじゅわっと美味なステーキで!「神戸牛会席プラン」あいたい兵庫」(1万9580円〜・税込)。天然温泉+神戸牛のコースを存分に堪能できるという、これぞ神戸の旅と言わんばかりのプランです。

今でこそ多くのお宿で神戸牛の会席をいただくことができますが、実は「ほてるISAGO神戸」がそのさきがけだったんですって!控えめにそう教えてくださった女将さんに対し、“もっと大々的に自慢していいのに!”と思いましたが、わざわざ言わない理由がわかった気がしました。それは後ほど。

まずは、ロビーにある神戸牛のブロンズ像を拝みます。言わずもがな、本物の神戸牛を扱っているという証です。

改装を終えたばかりの和モダンな客室

ほてるISAGO神戸

お部屋は、改装を終えたばかりだという和モダンのセミダブルルーム(写真左)。畳とローベッドという組み合わせとシンプルなインテリアが、心を落ち着かせてくれます。

コンパクトなお部屋ながらも、空気清浄機やローテーブルも完備。

伺った日はたまたま空室だったので、少し広めのツインルームを見せていただきました(写真右)。いずれにしてもベッドなので、お布団を用意していただく時間を気にしないで過ごせます。

温泉はなんと完全貸切!

Eika Akasaki / BuzzFeed

お風呂のお湯は、六甲布引温泉から運んでいる天然温泉。泉質は、洗浄効果や保湿効果の高い重曹成分を多く含んでいる重曹泉です。“美人の湯”と呼ばれているそう。

このお風呂が、なんと完全貸切で入れるというから驚きです。「小さめのお風呂ですからね」と、女将さんはまたしても謙虚ですが、3人は優に入れるお風呂を貸し切れるとあらば、全く小さいとは感じません。

御影石が使われた優美なお風呂

Eika Akasaki / BuzzFeed

入湯時間は15:00〜24:00と、6:00〜9:00。この間でチェックイン時に希望の時間(45分間)を伝えれば、予約は完了。お風呂は2か所あるので、空いていれば希望の方を選べます。こちらは御影石を使った「壺の湯」。

竹とヒノキを使用した癒やしの空間

Eika Akasaki / BuzzFeed

こちらは、ヒノキの香りに癒やされる「滝の湯」。

なお、天然温泉ではありませんがお部屋にもバスルームがあります。夜はお部屋のお風呂を使って、自然光を浴びながら朝の温泉を利用するのもおすすめ。

贅を尽くした神戸牛のコースに舌鼓

Eika Akasaki / BuzzFeed

夕食はお部屋ではなく、1階にあるレストランでいただきます。半個室のように仕切られたテーブル席のほか、空いていれば個室も利用できます。今回は個室を使わせていただきました。

食材の宝庫・神戸ならではの華やかなお料理

Eika Akasaki / BuzzFeed

こちらが「神戸牛会席」。前菜から〆くくりのデザートまで12品の中身は、神戸牛ばかりではなく海の幸や野菜もふんだんに使われています。神戸がいかに食材の宝庫かを実感できる内容でした。

見た目がとにかく華やかなお料理には、和モダンなお宿に相応しく、洋の要素がところどころに含まれています。そして食べるごとに驚きの連続!例えば温物の「神戸ビーフ玉〆」は、なめらかな茶碗蒸しの上にビーフシチューとクリームが合わせられた一品。和洋の出汁がそれぞれの旨みを引き出していて、口の中にいつまでも余韻が広がっていました。

とろけるような神戸牛にうっとり

Eika Akasaki / BuzzFeed

メインはやはり、美しい神戸牛でしょう。こちらのお宿では、素材本来の美味しさを引き出せるように神戸牛を氷温で熟成しているとのこと。鉄板焼、しゃぶしゃぶ、その両方で神戸牛ならではの感動的な舌触りを楽しみましたが、絶妙な状態で食べられるのはやはり歴史ある料亭旅館の実力です。わざわざ「うちが最初に出したんです」と言わずとも、これだけのものをいただけばおのずと納得できるだろうなと思いました。とろけるようなお肉の食感は、いつまでも記憶に残ることでしょう。

ホテルと旅館、両方の要素があわさった心地よさ

ほてるISAGO神戸

前夜にいただいた夢のようなコースの余韻を残しつつ迎えた朝食、こちらも素晴らしい和定食でした。焼き魚を始めとするたくさんのおかずに、神戸牛のしぐれ煮、さらに豆乳鍋までと、充実すぎる内容。女将さん自慢の「食べるトマトジュース」は、厳選した神戸のトマトを使っているそうです。

最後まで神戸を味わい尽くし、名残惜しい気持ちのまま宿とお別れ。最後まで丁寧に見送ってくださったのが印象的です。ホテルの要素もあり、旅館の要素もあり、その2つがちょうどいいバランスであわさった、心地の良いお宿でした。

ホテルより

「当館は、ご来館時の検温の実施・アルコール消毒液の設置・マスク袋の配布・各手洗い所又は客室にエタノール入りのうがい薬の設置、そしてエレベーターにはSIAAマーク取得の抗菌シールを貼っております。また、お風呂は貸し切りに、お食事会場はソーシャルディスタンスをとり、個室は換気を行い皆様が安心してお過ごしいただけるように、努めております」

宿の情報&予約はこちらから👇

「ほてるISAGO神戸」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

住所: 兵庫県神戸市中央区熊内町4-3-7

アクセス:JR新幹線新神戸駅、地下鉄新神戸駅から徒歩5分

部屋数:27室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、髭剃り、浴衣、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、冷蔵庫、お茶セット(無料)

Wi-Fi:あり

予算:平日料金 Sタイプ(税込) 1泊素泊り 7700円

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【3】ビジネスから家族旅行まであらゆる目的にマッチする「神戸ポートタワーホテルなごみの湯宿」

Eika Akasaki / BuzzFeed

「神戸ポートタワーホテルなごみの湯宿」は、その名の通り神戸ポートタワーの目の前のホテル。元町や中華街まで歩いてすぐ、旧居留地や三宮駅までも徒歩圏内というとても便利な場所にあります。

抜群の立地にして、気取らず利用できるカジュアルな湯宿とあって、観光・ビジネス問わず人気の一軒です。

夜景ディナーと温泉三昧、さらにお土産付き

Eika Akasaki / BuzzFeed

今回利用したプランは、「神戸の夜景と神戸倶楽部ディナー&ポートキッチン朝食&六甲ビールのお土産付/2食付き」(9980円〜・税込)。温泉入り放題に加えて、夜景の見えるレストランでのフレンチのコース、朝食ブッフェ、さらにお土産に地ビール付きという内容です。

気ままに過ごすなら洋室

Eika Akasaki / BuzzFeed

お部屋はダブルベッドが1台のデラックスシングル(洋室)です。本来は温泉がある3階フロアと4階の和室が「なごみの湯宿」と呼ばれていますが、実際は別館扱いになっている神戸ポートタワーホテルの洋室(7階〜12階)も選択することができます。ほっこり和める和室も捨てがたいですが、洋室にはバス・トイレがついているので、こちらのほうが気ままに過ごせるかもしれませんね。

お土産は、神戸の地ビール「六甲ビール」。超辛口から香ばしい黒ビールまで、個性豊かな5つのラインナップから好きなものを選ぶことができます(人気のため、全種類から選べない場合もあり)。早速開けたいところですが、温泉の後の方がより一層美味しく飲めるので、お部屋の冷蔵庫で冷やしておくことに。

夜景自慢のレストラン&バー

Eika Akasaki / BuzzFeed

夕食は、最上階(13階)にあるレストラン&バー「神戸倶楽部」でフレンチのコース「ボヌール」をいただけます。ここからの夜景は、きらびやかなウォーターフロントと交わり合う高架道路が180度パノラマビューで見られて本当にきれいでした。30年以上前から建つ「神戸ポートタワーホテル」ならではのアングル、現在はもう新しいホテルを建てられないエリアなのだそうです。神戸のデートスポットとして人気の場所と聞き納得!

夜景を見ながら味わうのにちょうどいいカジュアルコース

神戸ポートタワーホテルなごみの湯宿

シェフおすすめのカジュアルコース「ボヌール」は、前菜、スープ仕立ての魚介料理、メインの牛肉料理、パン、それにデザートとコーヒーという構成。カジュアルコースといっても物足りなさは一切なく、ちょうどいい量だと思います。別料金ですが、ドリンクの種類がかなり豊富なので、夜景を見ながらゆっくりいただくのもいいですね。

温泉に入る前に、シャンプーバーをお見逃しなく!

Eika Akasaki / BuzzFeed

お腹が満たされたら、いよいよ温泉へ。男女別の大浴場は、15時〜24時と、6時〜10時の間に入浴することができます。夜と朝の時間帯で男女の場所が入れ替わるので、2度に分けて違ったお風呂を楽しむのも可能。

入り口には、ユニークな“シャンプーバー”コーナーがあります。これは一般のお店ではなかなか手に入れられない珍しいシャンプーやコンディショナーを、自分が使う分だけカップに入れてお風呂に持っていけるというサービス。見たことのない銘柄ばかりだったので、つい夢中になってしまいました。楽しい!

神戸にいながら全国の名湯を楽しめる

Eika Akasaki / BuzzFeed

筆者が訪れた日の夜は、向かって奥の大浴場が女湯でした。高濃度の炭酸泉と、全国の有名な温泉を月替りで楽しめるという「替わり湯」の2種類。

炭酸泉の方は、ほのかにパチパチ弾けるような湯ざわりが気持ちよくて、ついつい長湯になってしまいそうでした。この日の「替わり湯」は、新潟県の月岡温泉の湯を再現した人工温泉。硫黄泉ということでしたが、それほど匂いは気になりません。湯上がりにはお肌がツルツルになったのを感じました。

アメニティだけではなく、シャワーヘッドにまでこだわり

Eika Akasaki / BuzzFeed

“お肌ツルツル”を実感したのは、もしかしたらもう1つ理由があったかもしれません。奥の大浴場には、塩素を除去し、洗浄力の高い超微細空気混合水を作り出す高機能(そして高価)なシャワーヘッドが完備されていたんです。シャワーから放たれるやわらかいお湯に、すっかり病みつきに。

アメニティにこだわっているのは女性向けだけではありません。男湯には、男性スタッフの方が選び抜いたというスキンケア用品が揃っていました。

朝風呂は違う温泉へ

Eika Akasaki / BuzzFeed
Eika Akasaki / BuzzFeed

翌朝は、向かって手前の大浴場へ。こちらには、高濃度炭酸泉と「替わり湯」の他に、北海道長万部の名湯を再現した二股温泉がありました。二股炭酸カルシウム温泉は、疲れを癒やしてくれる効果が期待されるお湯だそうです。出張で訪れた人にぴったりですね。

なお、手前の大浴場にはサウナと水風呂がありました。

選ぶ楽しさがある、種類豊富な朝食バイキング

Eika Akasaki / BuzzFeed
Eika Akasaki / BuzzFeed

朝食は、和・洋・中・スイーツ60種類が自由に選べるバイキングスタイル。中でも、和食がとても充実している印象でした。シェフがその場で焼いてくれる卵料理や、神戸らしい中華料理、パン、そして神戸牛を使ったカレーもあり、一泊ではとても全部食べきれません……。(食事の提供スタイルは状況により変更になる可能性あり)

「神戸倶楽部」のディナータイム以外はずっと館内着で過ごせたので、終始リラックスムードでくつろげました。いろんな意味でちょうどいいお宿なので、知っておいて絶対に損はないと思います。

ホテルより

「当館では、共用部も多くございますが、スタッフの定期的な巡回除菌で対応をしております。お食事会場につきましても、席の配置やお客様のご予約が多い場合は、時間をわけるなどのソーシャルディスタンスに努めております。今後もお客様の安全確保を務めて進めてまいります」

宿の情報&予約はこちらから👇

「神戸ポートタワーホテルなごみの湯宿」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所: 兵庫県神戸市中央区波止場町6-1

アクセス:JR・阪神「元町」駅 徒歩8分 、阪急「花隈」駅 徒歩7分 、地下鉄海岸線「みなと元町」駅 徒歩4分

部屋数:193室

アメニティ:歯ブラシ、タオル、バスタオル、ハンディタオル、かみそり、ドライヤー、シャンプー、リンス、せっけん、ボディソープ、スリッパ

Wi-Fi:あり

宿泊した部屋のコンセント:2か所3個

予算:素泊り シングル1名 4700円(レイトチェックイン等は除く)〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【4】近郊リゾート・六甲山の頂にお目見えした「ホテル神戸六甲迎賓館」

Eika Akasaki / BuzzFeed

「ホテル神戸六甲迎賓館」は、2020年3月にオープンしたばかりの新しいホテルです。神戸の中心部から30分という近郊リゾート・六甲山の頂にある美しい建物は、煉瓦を基調にしたデザイン。ハの字に建てられたホテル棟の前には大きな噴水があり、まるで海外の邸宅のような雰囲気です。

犬もOK!どんなゲストも受け入れてくれる優しいホテル

Eika Akasaki / BuzzFeed

やや緊張しつつホテル内に入ってみると、犬連れのゲストの方がいらっしゃいました。実はこちらのホテルは犬と一緒に宿泊できるお部屋もあるのです。「迎賓館という高貴な名前のホテルなので、ちょっと身構えていました」とスタッフの方に伝えると、「迎賓館には、どんな人でも迎え入れる場所という意味があるんですよ」とのお返事。一人で六甲山を登山される方や、サイクリストの方が泊まることもあるそうです。

今回筆者は、ベーシックな1泊2食付きの「スタンダードプラン」を利用することにしました。

これでスタンダード!?リゾート気分が高まる、ゆったり心地良いお部屋

Eika Akasaki / BuzzFeed

標準的な洋室タイプのお部屋と聞いていましたが、30平米以上と広々!天井が高く、自然光を取り入れられるように天窓までついています。木をふんだんに使ったインテリアは、自然との融合を意識したコンセプトで、とても落ちつくデザイン。ベッドはシモンズ製、トイレは洗浄便座と、これ以上ない快適度です。お部屋のお風呂を利用する人は少ないそうですが、バスルームも広く使いやすそうでした。

六甲山ならではの大パノラマを一望

Eika Akasaki / BuzzFeed
ホテル神戸六甲迎賓館

お部屋からは、ドッグランのあるテラスの他、奥には神戸の都心と海を望むことができます。「急な高低差が生み出した、広角でスケール感がある、六甲山ならでの大パノラマ」と説明してくださいましたが、まさにそのとおり!まるで神戸全体を空から眺めているような感覚に陥りました。

港町神戸のレンガ造りをイメージした、モダン温泉

Eika Akasaki / BuzzFeed

そして忘れてはいけないのが温泉です。大浴場では、六甲山系西側の摩耶山付近から湧き出ている神戸二軒茶屋温泉のお湯が使われています。弱アルカリ性のお湯は透明度が高く、サラッと肌触りのよい泉質。大浴場は2種類あり、どちらも広くてモダンなデザインです。こちらは港町神戸のレンガ造りをイメージした「煉瓦の湯」。

爽やかな風を感じられる露天風呂

Eika Akasaki / BuzzFeed

露天風呂もあります。六甲山は神戸の都心からすぐの距離でありながら5℃ほど気温が違うので、避暑地として人気の場所なのです。だからこそ、夏でも露天風呂では爽やかな風を感じることができます。

もう1つは、黒を基調とした重厚感のあるお風呂

Eika Akasaki / BuzzFeed

こちらは「備長炭の湯」。黒を基調とした重厚感のある雰囲気です。岩が印象的な露天風呂には、寝湯があります。

まるで大自然の中にいるよう! 開放感あふれるレストラン

Eika Akasaki / BuzzFeed

ディナーは広い窓のある開放的なレストランにて。お部屋からよりもさらにダイナミックなパノラマビューは、それだけで非日常を感じさせてくれます。

ワクワクが止まらない。和と洋のエッセンスを取り入れた創作フレンチ

Eika Akasaki / BuzzFeed

シェフ渾身の「和洋創作フルコースディナー」は、和と洋のエッセンスを取り入れた創作フレンチ。神戸近郊の旬の食材を使ったお料理には、調理法や食材選びに、ハッとするような仕掛けがたくさん隠されていました。滞在した日は、鱧と白桃を使った前菜に、香辛料でアクセントを効かせたとうもろこしの冷製スープ、一般市場に出回らない兵庫県産六甲ビーフのグリルなど、存分に季節と神戸を感じられる内容。他にお刺身やお魚料理、お寿司、デザートまで加わるので、いかに満足度が高いものか、想像がつくと思います。

1000万ドルの夜景で、気分はクライマックスに

ホテル神戸六甲迎賓館

夜は、海と山に囲まれた神戸ならではの、素晴らしい夜景を望むことができました。温泉と大自然に癒やされつつ、洗練されたお料理と街の夜景でパワーも充電できる最強のステイ。神戸に来たら1日は近郊リゾートの六甲山というパターン、これからの定番になりそうです。

ホテルより

「新型コロナウィルス感染症による肺炎感染の報道を受け、ホテル神戸六甲迎賓館では、 お客様が安心してご利用いただけるよう下記の取り組みを実施いたしております。豊かな自然環境で都会の喧騒を忘れリゾートホテルで大切な人やワンちゃんとゆったりとお寛ぎください」

安全な対人業務

◇マスク等の着用

◇会計時等における非接触手段の確保

◇密にならない入場者・来館者の整理

安心な空間提供

◇入口や施設内における手指消毒

◇換気設備又は窓の開閉による換気

◇高頻度接触部位の定期的な清拭消毒

◇利用設備の配置変更、座席間隔の確保

◇従業員の接客時間の最小化

その他の取り組み

◇衛生管理表にて、従業員の健康を日々チェック

宿の情報&予約はこちらから👇

「ホテル神戸六甲迎賓館」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所: 兵庫県神戸市灘区六甲山町南六甲1034番8

アクセス

神戸市営バスの場合

[ 阪急六甲駅またはJR六甲道駅 ] → [ 神戸市営バス(六甲ケーブル下行き)に乗車 ] → [ 六甲ケーブル下駅で下車 ] → [ 六甲ケーブルを利用し六甲山上駅へ ] → [ 六甲摩耶スカイシャトルバスに乗車 ] → [ 丁字ケ辻バス停で下車 ] → [ 六甲山頂方面へ(徒歩約5分) ] → [ ホテル神戸六甲迎賓館 ]

阪急バスの場合

[ 阪急六甲駅 ] → [ 阪急バス六甲線に乗車 ] → [ 丁字ケ辻バス停で下車 ] → [ 六甲山頂方面へ(徒歩約5分) ] → [ ホテル神戸六甲迎賓館 ]

※備考 阪急六甲駅・JR六甲駅から送迎あり(要予約)

部屋数:23室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、髭剃り、ボディタオル・スポンジ、シャワーキャップ、くし・ブラシ、ドライヤー、ナイトウェア、湯沸しポット、テレビ、金庫、冷蔵庫、お茶セット(無料)、シェービングジェル・フォーム、洗顔料、化粧水、乳液

Wi-Fi:あり

宿泊した部屋のコンセント:7か所14個

予算:通常プラン(スタンダードツインルーム、1泊2食付き2名様以上) 1名様24000円~(サ込み税別入湯税別)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。

参考記事 👉【丁寧に解説】Go To トラベルキャンペーンとは?旅行会社の特典も比較