Posted on 2020年6月22日

    これで4000円台から…アイリスオーヤマのスチームクリーナーで掃除してみた

    「ジェネリック家電」として人気のアイリスオーヤマですが、憧れのスチームクリーナーも作っていました。お値段なんと4000円台から。我が家の掃除で使ってみました。

    アイリスオーヤマ最廉価のスチームクリーナー「STM-303」

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    「STM-303」は、4000円台からと、アイリスオーヤマでもっともお手ごろなスチームクリーナー(※Yahoo!ショッピング最安価格。2020年6月現在)。

    シュッシュッとお掃除してみます

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    スチームクリーナーは、激安のノーブランドから数万円の海外製までピンキリ。安全性が気になる商品だけに、アイリスオーヤマの名が光ります。

    ちょっと待って、付属品多いんですけど

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    本体のほか、ノズル4本、ブラシ3本、ファブリック用の布カバー…4000円台しか支払ってないのが不安になるほど(笑)入ってます。家じゅうで活用できそう。

    水を入れてスイッチを入れるだけ

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    付属カップとじょうごで本体に給水し、キャップを締めてスイッチオン。4~5分でボイラーが沸騰し、ランプが赤から緑になれば準備OK。

    随所に安全対策が

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    高温高圧の商品だけに、2重チャイルドロック、固めレバー、高圧時には開かないセーフティーキャップなど、随所に安全対策があり、安心できます

    ではさっそく、お掃除してみましょう。

    まずは焦げ付き汚れから

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    鍋の外周にこびりついた汚れにトライ。クリームクレンザーやメラミンスポンジでは歯が立ちませんでした。

    スチームをじっくり当てて、こすり洗い

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    スチームは最大3気圧とあって、「ブシャーッ!」と勢いよく吹き出します。蒸気の跳ね返りに気をつけつつ30秒ほど当てて、メラミンスポンジで軽くこすると…。

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    おおおー! 洗剤なし、軽い力で、かなりの汚れを落とせました。いくつか残っている頑固な汚れは、メラミンスポンジで力強くこすると落とせました。

    高温で掃除するメリット、なかなかです。

    油汚れにトライ

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    続いて、ブラシノズルを装着してコンロの油汚れに挑戦。

    ガラストップ上の吹きこぼれ汚れは、スチームだけで楽勝。蒸気が水に戻るので、ペーパータオルで拭き取るとピッカピカに。

    ただ、五徳受けにこびりついた油は頑固に残っています。そこで。

    洗剤併用でパワーアップ

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    スチームとケミカルのタッグです。五徳受けにスチームをしっかり当ててから、マジックリンスプレーの泡で包囲。

    5分放置して、メラミンスポンジでこすると

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    マジックリンスプレー単体では落とせなかった油汚れも、スチームと組み合わせればこの通り。油汚れはスチームで温めると効果的なようです。

    コンロに輝きが戻りました

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    スチームクリーナー単体で落ちないときは、洗剤やブラシ、メラミンスポンジなどをうまく組み合わせましょう。

    テレビショッピングのように、何でもズバッと汚れが落ちれば良いのですが、残念ながら不得意な分野もありました。

    向かない汚れもあります

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    たとえば風呂場の目地。表層部のカビや汚れはスチームとバスマジックリンで落とせましたが、根深いカビや蓄積した石鹸カスは落としきれませんでした。

    スチームでは難しい相手には、カビ取り剤や、クレンザーなどに適宜バトンタッチを。適材適所を見極めることが大事です。

    水を持ち込めない場所でも活躍

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    とはいえ、得意な場所や汚れには絶大な威力を発揮します。

    個人的に気に入ったのはサッシの溝掃除。水洗いできない、細かくてブラシが入らないという難敵に、高圧でゴミを吹き飛ばし、スチームで砂や泥を押し流すという大活躍。大雨や台風で汚れたら、こまめに掃除したくなります。

    得意分野を見極めれば高コスパな一台

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    ノズルから離れると蒸気温度が低い、タンク容量が小さい(300ml、約12分の噴射量)、水の追加に30分以上待機が必要、といった弱点もありますが、この価格と性能を考えればコスパは抜群

    年に一度の大掃除に持ち出すのではなく、コンパクトな機動力で日ごろのお掃除に活用するのが吉。

    ファブリックのしみ抜きや、キッチンの除菌までできるアイリスオーヤマ「STM-303」。あちこちお掃除したくなる一台です。

    ※Yahoo!ショッピングで「STM-303」を探す方はこちらから。

    ※Amazon.co.jpで「STM-303」を探す方はこちらから。

    ※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。

    ※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

    ※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form