back to top

【参院選】「安倍総理は憲法から逃げて、逃げて逃げまくった」 民進・岡田代表の強気と弱気

進退についてどう語ったのか

「敗北? 敗北って何についてですか? 選挙は国民の選択です」。岡田克也代表は、東京・永田町、民進党の開票センターに設けられた会見場で、こう声を荒げた。

7月10日22時17分、開票センターに岡田代表が姿を見せた。会見場には150人前後のマスコミ関係者が詰めかけた。紺のスーツに、ブルーのネクタイ。選挙期間中とほとんど同じような格好で登場した。

そこから、各メディアの生中継を分刻みで受ける。

「(選挙の結果は)厳しいが、民主党として戦った3年前より良い」

「安倍総理が立憲主義についてどう考えているか聞きたい」

「憲法は争点化されなかった。安倍総理は逃げて逃げて、逃げまくった」

「市民が中心になる新しい民主主義が始まった」

出てくる言葉は強い。表情は崩さないままだ。中継と中継の合間、腕を組み、手をさすり、一息ついてふっと上を向く。ペンを持ち、何かを紙に書き込む。

開票センターには各局の中継を映し出すテレビモニターが7台設置されている。与党候補に次々と当確が出るなか、民進党の数字はあまり動かない。

3年前よりは結果が良く、進退をかけた三重選挙区も勝った。では、代表は続投か。

「白紙です。9月の代表選については、これからゆっくり考える」とだけ語った。強気な言葉と、続投への弱気な姿勢は対照的だった。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Satoru Ishidoに連絡する メールアドレス:Satoru.Ishido@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.