生後8カ月で片足を失った少年。新しい義足を付けた時、彼が思わずとった行動とは…

    アフガニスタンの首都カブールの病院で撮影された、義足の少年の動画。彼の母親は「息子は義足を持っていることが嬉しくて、いつもこうして踊りを見せてくれるんです」と語る。

    アフガニスタンの首都カブールの病院で撮影され、赤十字国際委員会(ICRC)の広報官がツイートしたある動画が世界中で注目を集めている。

    「義足を持っていることが嬉しくて」

    Ahmad received artificial limb in @ICRC_af Orthopedic center, he shows his emotion with dance after getting limbs. He come from Logar and lost his leg in a landmine. This is how his life changed and made him smile.

    動画に写っているのは、5歳のアフマド・サイヤド・ラフマン君。

    イギリス紙のガーディアンによると、アフマド君は生後8カ月の頃、タリバンとアフガニスタン政府軍の戦闘に巻き込まれ、銃撃で右足を負傷。のちに足を切除した。

    (注:元のツイートでは地雷によって負傷したと書かれているが、現地からの報道では銃撃によって負傷したとされている)

    この日、ICRCの病院で新しい義足をつけてもらったアフメド君は、その場で両手を大きく広げ、音楽に合わせてくるくると踊り出した。

    満面の笑みを浮かべ、嬉しそうに義足で踊るアフメド君の動画は、世界中で120万回以上再生され、大きな注目を集めた。

    負傷後もすくすくと成長を続けてきたアフマド君にとって、今回の義足は4本目。

    アフマド君の母親は「息子は義足を持っていることが嬉しくて、いつもこうして踊りを見せてくれるんです。息子が義足をつけ、自分で歩けることを嬉しく思います」と話したという

    10万人以上に義手や義足を提供

    AFP=時事

    ワシントンポストによると、同病院では過去30年の間に、10万人以上の患者に義足や義手を提供してきた。そのうち10%は子どもだという。

    アフガニスタンでは、イスラム原理主義組織「タリバン」とアメリカ軍、政府軍などの間で激しい攻防が続いている。

    カブールでは5月8日、アメリカが出資している援助団体がタリバンなどによって攻撃され、9人が死亡する事件が発生。

    一方、10日にはアメリカ側とタリバンの間で、6回目となる和平協議が開かれた。

    アメリカのアフガニスタン和平担当特別代表のハリルザード氏は、Twitterで「紛争の終結に向けた枠組みについて、着実だがゆっくりと前進した」と表明した。