砂浜に刻まれた「巨大なコアラ」 描いた匿名アーティストはこう問いかける。

    森林火災によって深刻な被害が発生しているオーストラリア。ある匿名アーティストは、砂浜に描いたコアラの絵で問いを投げかけています。

    昨年9月に発生した森林火災によって、甚大な被害に見舞われているオーストラリア。

    Brett Hemmings / Getty Images

    シドニー大学の研究者によると、コアラなどの哺乳類のほか、鳥類や虫も含めておよそ10億匹以上もの動物が犠牲になったと推定されています。

    そんな中、オーストラリア南東部バーロン・ヘッズの砂浜に現れた「巨大なコアラ」の絵画が多くの人の胸を打ち、注目を集めています。

    砂浜に現れた120mのコアラ

    「今この国に暮らしている人で、煙の中に沈んでいく奇妙な色の夕日を見ながら、全ての生き物へ思いを馳せたことのない人は、いないと思います」

    ABCの取材にそう語ったのは、コアラの絵を描いた「エドワード」(@breatheablueocean)という名前で知られるアーティスト。

    匿名で活動しているイギリスのストリートアーティストの「バンクシー」になぞらえて、地元では「バーロン・ヘッズのバンクシー」と呼ばれているそうです。

    彼は落ち葉を集める熊手一つで、砂浜に巨大な絵を刻む作風で知られており、今回のコアラの作品は120mにも及ぶとされています。

    木に必死にしがみつき、こちらをじっと見つめるコアラの脇には「Australia Burning(オーストラリアが燃えている)」という文字が刻まれています。

    この作品を描こうと思い立った時の思いを、エドワードはBBCなどの取材にこう語っています。

    「その時、遠くの方で立ち上る煙が見えて、200km先で燃え盛る炎の匂いがしました。私はただ座っていて、自分の中に無力感が根を張るのを感じていたんです。その時に、コアラの作品を描こうと思い立ちました」

    「この絵はただ問いかけてるんです。『この状況の中で、声を上げられない生き物たちはどうなってしまうのか?』と。その問いは、私たちが抱えている無力感にも通じていると思います」

    「私たちには、何ができるのか?という問いなんです」

    「動物たちへの美しい贈り物」

    Nathan Edwards / Getty Images

    コアラの絵を記録した写真は、オーストラリアのFacebookページなどで約8000回シェアされ、「世界中に喪失感と絶望感が広がる中、犠牲になった動物たちへの素晴らしい贈り物になった」などのコメントが寄せられました。

    NHKによると、火災で1月18日までに28人が死亡し、住宅約3000棟以上が全焼。日本の面積の半分近くに当たる17万平方km以上の土地が消失したとされています。

    エドワードはコアラの作品の他にも、消火や救助活動に当たっている消防隊や救急隊をたたえた作品「Thank You」も投稿しています。

    BuzzFeed

    ご意見を募集しています

    📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

    日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

    情報や質問も気軽にお寄せください🙌様々なご意見、お待ちしています。

    友だち追加

    Contact Saori Ibuki at saori.ibuki@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here