back to top

あるプロ野球選手が病室のファンに送った1通の手紙 「私に野球を教えてくれてありがとう」

「浅尾選手、私に勇気をくれてありがとう。あの時、私は、あなたに救われました」

2018年9月29日、中日ドラゴンズの浅尾拓也投手(33)が現役を引退しました。

時事通信

2007年に中日ドラゴンズに入団し、主に中継ぎを担う「セットアッパー」としてチームの黄金期を支えた浅尾選手。

多くのプロ野球ファンから惜しむ声が上がる中、浅尾選手が数年前に、当時入院中だったファンに宛てたという「ある手紙」が話題を呼びました。

BuzzFeed Newsは、浅尾選手への感謝の言葉とともに、手紙の写真をTwitterに投稿した山田奈夏子さん(@nnk753589)に話を聞きました。


「私に野球を教えてくれてありがとう」

浅尾拓也 今シーズン限りで現役引退. 私に野球を教えてくれて ありがとう。 中学生の時に 病室で書いたお手紙に キャンプ中ながら すぐにお返事がきたことは ほんとに一生の思い出だし宝物。 ありがとう浅尾選手。 お疲れ様でした。 最高のセットアッパー。 #浅尾拓也 https://t.co/hYr6Lc5Nsv

私が浅尾選手に手紙を出したのは、2012年12月ごろだったと思います。

当時私は、小学生の頃から突然の不整脈に襲われる「発作性上室性頻拍」という症状を抱えていました。

病名がわかるのに、2年。1度目の手術後に残念ながら再発し、2度目の手術に踏み切ろうとしている時でした。

その頃の私は、体育の授業や運動会への参加はもちろん、友だちと走り回ることさえも怖くて、何にも踏み出すことができない人間でした。

心電計をつけて学校に通っていたため、クラスメートに不審がられたり、部活動で仲間外れにされたりすることもありました。

時事通信

父が見ていたプロ野球のテレビ中継で、浅尾選手を知ったのは、そんな時期でした。

たくさんの声援やプレッシャーの中、マウンドに立つ浅尾選手を見て、こんなに強い人がいるのかと心を打たれました。

浅尾選手への手紙には、心臓が弱く入院中なこと、今までスポーツや体育の授業など大好きだったことをたくさん我慢してきたこと、友達が離れていく不安や、浅尾選手の登板から勇気をもらったことを書きました。

浅尾選手からお返事の手紙が届いたのは、2月ごろです。ちょうど手術の直前でした。手紙には直筆で、このように書いてありました。

奈夏子さんへ

初めまして、浅尾です。お手紙ありがとうございます。

もしかしたら もう手術終えているかもしれませんが、その後の具合はどうですか?

奈夏子さんの手紙を読み、普段はあまり返事をする事は少ないのですが、応援して頂いてる事の感謝の気持ちと、前向きに病気と闘っている奈夏子さんの強い心に感動した事を伝えたくお手紙させて頂きました。

体調が良くなり、まだ野球に興味を持って頂けているのなら ぜひ球場に試合を見に来て下さい。

自分達も全力プレーでお応え出来る様、一生懸命頑張ります。

奈夏子さんが元気でいる事を心から願っています。お手紙ありがとうございました。

お母さんから浅尾選手の手紙を渡された時、何が起きたのかわからず、思わず崩れ落ちたのを覚えています。封を開ける前から号泣して、仕事中のお父さんに電話をかけました(笑)

本当に、なんとも言えないパワーをいただきました。

山田さんが初めて、野球の試合を球場で観戦した日
山田奈夏子さん提供

山田さんが初めて、野球の試合を球場で観戦した日

浅尾選手と出会うまで、私は野球のルールも球団の数も知りませんでした。

いま私は21歳になり、接客業の仕事をして働いています。12球団に所属する数々の選手を知り、魅了され、野球を心から楽しんでいます。

それは、間違いなく浅尾選手のおかげです。

時事通信

引退はスポーツ選手には付き物です。

いつかこの日が来るとわかっていても、これまでも何人もの選手の引退に衝撃を受けてきていても、浅尾選手の引退は本当に本当につらかったです。

浅尾選手、私に勇気をくれてありがとう。あの時、私は、あなたに救われました。あなたはずっと、私の、ドラゴンズの、ドラゴンズファンのヒーローでした。

昔も今も大好きです。本当にかっこよかった。間違いなく史上最高のセットアッパー。

私に野球を教えてくれて、ありがとう。


時事通信

Saori Ibukiに連絡する メールアドレス:saori.ibuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.