back to top

Googleが見せたキラキラなVRの世界! 鉄腕アトムと手をつなげる

未来をのぞきみ

手塚プロダクションの作画監督、瀬谷新二さんがGoogleの記者会見で披露した。この道40年のアニメーターだ。

「最初は不安定な感覚がありました。平面なら机に筆が当たって、筆圧を加減して絵を描きますが、これはどんどん奥へ行ってしまう」。でもすぐに「空中のお絵描き」をマスター。「紙の上で奥行きは遠近法で擬似的に表現しますが、これは自分が歩いて奥に行って描くのが面白い」「線画と立体物を組み合わせるなど、発想をうまく切り替えれば、クリエイティビティーが広がりますね」と興奮していた。

ユーザーは、クリエーターが作り上げた世界に没入して、楽しむこともできる。キラキラの夜空。眼下に東京タワーを見ながら、鉄腕アトムと手をつないで漂う。

アプリの操作は直感的で、テレビ局の記者もすぐにお絵描きをマスターしていた。

HTC Viveを付ければ、バーチャル地球儀「Google Earth VR」も楽しめる。まさに仮想旅行している感覚が!

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

おおおおー飛んでいる!

なぜGoogleはVRに力を入れるのだろう?

Saki Mizoroki / BuzzFeed

「テクノロジーの進化の方向性がある。最初のコンピューターからパーソナルコンピューター、そしてスマホ。次はVRやARだ」。こう話すのはVR部門でコンテンツ・パートナーシップの責任者を務めるアーロン・ルーバーさん。VR・AR対応スマホの日本発売時期を問われ「来年初め。えーっと、来年。いや、まだ未定。失礼、まだ未定だ。カミングスーン」と話した。近いのかな?

みんながGoogleストリートビューやYouTubeをVRで、Google検索をARで使う未来はすぐそこだという。

例えば、スマホで「歯ブラシ」と検索すると、Googleマップの画面をたどって、お店の中の歯ブラシの棚までたどり着ける。VRで家に「住んで」みて、車を「運転して」みて、服を「着て」みてから、購入できる。ビジネスチャンスは限りない。

スマホを始めとして、VR・ARの関連機器をいっぱい売って、ユーザーも囲い込みたいGoogle。だが、みんながワクワクするようなコンテンツがないと、ライバルのFacebookやAppleに勝てない。「なによりも重要なのはコンテンツ」とルーバーさんは強調した。

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.