back to top

寝ながらスマホに朗報? iPhoneにブルーライトを減らす機能が加わる

日が暮れると自動的に画面が暖かみのある色に。

Appleが3月21日(現地時間、日本時間22日)に発表したiOS 9.3にNight Shift機能ができた。日が暮れると、自動的に画面が暖かみのある色に変化し、ブルーライトを減らす。

広告

実は、ブルーライトが寝つきを悪くさせるという研究結果がいくつも発表されている。

どんな明かりも睡眠を妨げるが、なかでもブルーライトが最もよくないという。というのも、 睡眠のサイクルをコントロールするホルモン「メラトニン」の生成を妨げるからだ。ブルーライトを減らし、睡眠の質を高める

Appleのサイトの説明はこちら。

「夜間に明るいブルーライトにさらされると、24時間周期の体のリズムに影響が生じて寝つきが悪くなることがあると多くの研究が示しています。Night ShiftはiOSデバイスの時計とジオロケーションを使って現在地の日の入りの時刻を推定し、自動的にディスプレイのカラーを暖色系の色域に切り替えます。そして朝になると通常の設定に戻します。心地よい眠りのために」

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Kelly Oakes is science editor for BuzzFeed and is based in London.

Kelly Oakesに連絡する メールアドレス:kelly.oakes@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored