go to content

Appleの発表会 iPhoneより先に話したのはこれだった

「政府がどこまでプライバシーに力を及ぼすべきか議論を」とティム・クックCEO。

updated

Appleが3月21日(現地時間、日本時間22日)に開いた新製品の発表会。商品の紹介に先立って、ティム・クックCEOがまず表明したのは、FBIとの徹底抗戦だった。

昨年14人を殺害したテロリストが持っていたiPhoneを巡って、連邦地裁は2月16日、Appleに対してロックを解除するソフトウェアを提供するように命令。Appleは、命令に従えば政府による無制限のデータアクセスを許してしまうと懸念を表明し、対立した。

プライバシー保護と国家の安全のどちらが優先されるべきか、世論を分ける論争を引き起こしている。論争はIT業界も二分。Twitter、Facebook、GoogleのCEOらはApple側の主張に理解を示す一方、Microsoft創業者のビル・ゲイツ氏はこれを否定している。

21日の発表会の壇上。Appleの故スティーブ・ジョブズ氏の後継者であるクックCEOは切り出した。

「われわれの政府との対立状況に置かれるとは、思ってもみなかった」

次いで、訴えかけた。「われわれのデータやプライバシーに政府がどれだけの権限を行使するべきかについて、国として、決めなければならない」

最後は、「ユーザーが自身のデータやプライバシーを守るのを助ける責任があると強く考える。顧客にもこの国にもその義務を負っている。すべての人に影響を与える問題であり、われわれはこの責任から逃れることはない」と断言した。

明日22日には法廷でAppleと米政府が主張を戦わせる予定だ。

UPDATE

司法省は21日、同州の連邦地裁で翌日に予定されていた弁論の中止を求め、認められた。外部からFBIにロックを解除する方法が示されたという。Apple側は、事実ならば、訴訟は現実的な意味を失うとしている。


バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Hamza Shaban is a technology policy reporter for BuzzFeed News and is based in Washington, DC.

Hamza Shabanに連絡する メールアドレス:Hamza.Shaban@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.