back to top

【絵で知る】布ナプキンや簡易おむつ。被災時の生活用品の作り方

もしもの場合に備えて。

熊本を中心に発生した地震について、生活物資が足りない / 届いていない地域があるとの声も上がります。

改めてチェックしておきたいのは、東日本大震災のときに有志が立ち上げたアイデアサイト「OLIVE」。布ナプキンやおむつなど、生活用品の作り方をまとめました。

広告
OLIVE / Via olive-for.us

2. タオルなどを必要分袖口に入れて 完成。(中身のタオルは使い捨て、 使い回し可能)

※中に入れる素材吸水性があり、清潔なものを使うこと

3. 防水加工のガムテープなどがあれば、袖口の中に通し、両端を出した状態でカット。

注:感染症予防のため、避難所では使い捨てナプキンの使用が望ましいです。また、必ず清潔なものを利用してください。

便器がある場合は、こんな作り方も

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com
広告
広告

これらの他にも物干し台の作り方などの情報も掲載されています。また、サイトでは折りたたみ冊子もPDFで公開されています2冊目も)。いざというときに備えて、印刷しておくとよいでしょう。

Sponsored